師走のつらい知らせ <重たい話しですみません>

師走のつらい知らせ
<重たい話しですみません>

今週9日(日)からきょう14日(金)までの間に四人の方が亡くなられ、お通夜と葬儀が続きました。
田舎坊主として、これほど葬儀が続くのはもちろん初めての経験です。
故人には白寿を全うされた方もいれば、若い奥様を亡くされた方もいます。
奥様を亡くされたご主人は泣きながら「妻に先に逝かれたら、つらいなあ」と枕経の席でうなだれました。

そんな折、静岡の友人から奥様が体調不良で寝たきりだと電話が入りました。
そのご夫婦とは、亡くなった次女の病気(胆道閉鎖症)の患者会仲間で、子どもを二人も亡くしているのです。

昨年、彼女は「死ぬまでにもう一度、敏子さんに会いたい」と、脳出血と低肺を患いながらも医師の許可をもらって酸素ボンベを車に積んで来てくれ、懐かしい再会を果たしたのです。
でも妻の敏子が3ヶ月後に亡くなると、そのときはずいぶん落ち込んだようすでした。
その後、彼女も体調を崩したようです。

すぐにお見舞いに行きたいけど、遠いこともあり、ご主人も「来てもらっても・・・」と、
奥様が重病であることを感じさせてくれました。
つらいです。

今はただただ一日一日が穏やかであることを祈ることしかできません。

生きること、老いること、病にかかること、死ぬこと、すべてが苦です。

いま命あることに感謝し、あなたのために祈らせてもらいます。

合掌

難病患者会きほく会員のあっちゃんから絵が届きました。

紀の川市難病患者会きほく会員のあっちゃんから絵が届きました。

あっちゃんは膠原病患者さんです。
今まで診てくれていた主治医が亡くなったことから、
鬱状態となり、食事もまともにとらず、
外にも出なくなりました。

彼女の絵はプロ級です。
でも、それ以来まったく筆をとらなくなりました。

私は、
「クリスマスまでに私のために絵を描いてー」
と、以前にお願いをしておきました。
そしたら今日、三枚の鉛筆画が届いたのです。
添えられたお母さんのお手紙には、
「しょぼくれたところから、少し抜け出せました。ありがとうございますー」
と、うれしい言葉が書かれていました。
ちょっと安心!
うれしいプレゼント!

あっちゃんありがとう。。。

<神森敦子>
“アネモネーたくさん”
ダイソーの100円球根と思っていましたが、
どこで買っても植えて水を与えてお日様に当てて、
育てればこんなにたくさん咲きました。
ごめんね!100円球根。

<神森敦子>
“ホクシア”
春頃にたくさん咲きました。
みんな同じ色の可愛い服を着た花たちです。
ムラサキ色の服の花たちもいます。
この絵は白とピンクの服バージョンです。
夏の終わり頃までくるくる咲きました。

<神森敦子>
ロウア柿です。
めっけもん広場で見つけました。
昔は高価な鉢植え(盆栽)だったのに、
今は一枝いくら・・・・
はやって何だろうと思いました。
けど、私はうれしいです。 ハイー

FB友達から、おいしい般若湯が贈られてきました。

FB友達から、おいしい般若湯が贈られてきました。

高知県の山岡章子さまからー

土佐鶴酒造の銘酒「土佐鶴」
新米で仕込んだ期間限定品の「蔵出し しぼりたて 1.8L」という希少酒です。

岐阜県のSatoさまからー

大垣の三輪酒造の銘酒「己亥年祝酒」と「道三 吟雪花」
「吟雪花」は臼井千里師揮毫の干支ラベルです。

今年は豊かな年末年始となりそうです。

山岡さま、Satoさま
ありがとうございました。

合掌