国宝巡礼河内の真言宗2ヶ寺(その二 観心寺)

観心寺

河内長野にある観心寺は今から約1300年前に建てられ、その後弘法大師空海が彫られた如意輪観音像(国宝・秘仏)をご本尊としています。
金堂(本堂)は大阪府下最古の建造物です。
またもともと三重の塔建立予定だったのが、楠木正成が湊川の戦いで戦死したため建て掛けのまま残ったものを一重に茅葺きの屋根を乗せた建掛塔(たてかけのとう 重文)として残っています。
境内には宮内庁管轄の後村上天皇陵があり、歴代天皇との結びつきが深かったことを偲ばせてくれます。
本堂にて寺名どおり、静かに心を観るごとく正座瞑想させていただきました。

合掌

(今までのブログ田舎坊主のぶつぶつブログこちらへ)

観心寺 正門

国宝 観心寺金堂

国宝 観心寺金堂

重文 訶梨帝母天堂

ご本尊 如意輪観音さま

楠木正成公お首塚

真言二祖 道興大師御廟

重文 建掛塔

建掛塔の一層の組木

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です