護摩焚き法要無魔勤修いたしました

護摩焚き法要、無魔勤修いたしましたー

皆さまの安寧を祈願し、心込めて勤めさせていただきました。
終了後はー
きび糖で炊いた小豆あんでぼた餅をつくり、
お接待させていただきました。

本堂には、ツバメ🐦も参ってくれました。

護摩焚き法要
きび糖で炊いた小豆あんでぼた餅のお接待
砂糖を控えたのでどうですか?
「おいしいです」って。。。
「ほんまにうまいで~」
昨年の台風で大きく枝を払っても、咲いてくれました。
椿も咲いています。

お彼岸の入りーぼた餅と法話

お彼岸の入りにぼた餅を作って、自宅の仏前にお供えしました。
ご先祖のことではなく、
お下がりとしていただく自分自身の体のことを考え、
甘みの少ないお砂糖控えめに仕上げました。

あんを炊いてます。
あんが炊けました。
仏前にお供えしました。合掌

彼岸の法話

お彼岸ですねー
― 子は親の背中を見て育つ ―

<20年以上前のことです>
一家の大黒柱が難病を患い、徐々に悪化して小腸切除、脳内炎症、片目眼球摘出と、絶望の日々を過ごさざるを得なくなりました。

奥様から相談を受け、私が患者訪問したときには、
「難病の会の人なんかに会いたくない」と言って、
ご主人は会ってくれませんでした。

やがて子どもたちにも当たり散らすようになって、
家の中がめちゃくちゃになりかけたこともありました。
奥様は、ご主人の収入がなくなったためパートに出て、
3人の食べ盛りの子どもさんを育てながら、
ご主人には病気が進まないよう体によい食事を考え、
懸命に生きていました。

数年後、いただいた奥様からの手紙には、
「長男は家の経済的なことを考え、手に職をつけると公立専門学校に入学しました。
 長女は私たちの姿を見ていたのか、病気の人たちの役に立ちたいと看護学校に通っています。
 下の子はスポーツにと、子どもたちは毎日のように笑顔をくれます。」
と書かれていました。
なんと素晴らしい子育てなんだろうと、
感動したことを覚えています。

    *

私たちは好むと好まざるに関わらず、
現実を受け入れながら生きていかなければなりません。
それがいばらの道であっても、きれいな花の道であっても・・・

でも、どちらかと言えば、きれいな花の道より、
いばらの道を歩んでいる方が、
学ぶことも、教えられることも多く、
子どもたちも両親の姿を見て、しっかり育つような気がするのです。

この子たちこそ弱い立場の人を思うことのできる、
心豊かな優しい人間に成長していると思うのです。

    *

彼岸は「あの世」ではなく、
優しさに包まれた人間があふれ、
誰もが笑顔でいきいきと生きられるー
この社会のことなのです。

合掌

福井県で唯一の国宝建造物がある明通寺へお詣りー

小浜市にある真言宗明通寺は、坂上田村麻呂が天下泰平を祈念して、
今から1200年あまり前に建立したお寺です。
茅葺きの本堂は国宝で、安置されているご本尊は国の重文指定の薬師如来です。
薬師三尊は本来、日光菩薩と月光菩薩を脇仏としていますが、
ここは降三世明王と、孫悟空に出てくる沙悟浄のモデルと言われる深沙明王が脇仏で、ともに2.5mほどの高さのあるとても立派なものでした。

本堂の脇の階段を上ったところには、思わず手を合わせたくなる国宝の三重塔が厳かにそびえています。

福井県に二つしかない国宝建造物がここ明通寺の本堂と三重塔なのです。

ありがたい国宝巡礼でした。

合掌

ついでと言っては申し訳ないのですが、せっかく若狭に来たので、
常高寺と空印寺へお詣り。

常高寺は、浅井家三姉妹の生涯を描いた、NHK大河ドラマ「江(ごう) 姫たちの戦国」にご縁のあるお寺(次女お初が建立)。
さらに、ここはNHK連続テレビ小説「ちりとてちん」のロケ地でもあります。

空印寺は、不老長寿の伝説で有名な「八百比丘尼」が入定した岩窟のあるお寺です。
少女の姿のまま成長し、120歳で出家、その後諸国に道路や橋を架け、信仰と徳道を説き、八百歳になったとき大好きな椿の花の下にある空印寺の岩窟内で入定された伝説があります。
この岩窟前で祈れば不思議な霊験が現れると言われています。

法事に出仕するため忙しくされていたご住職が、わざわざ岩窟の門扉を開けてくださいました。
法事から帰られたら早速本堂を開けてくださり、八百比丘尼像の前に案内してくれました。
ご住職、本当にありがとうございました。

明通寺 参道案内石
明通寺 山門への参道
明通寺 本堂への参道
明通寺本堂と三重塔

明通寺三重塔
明通寺客殿(重文 不動明王)

■せっかく若狭に来たので、常高寺と空印寺へお詣りー

常高寺楼門
浅井家三姉妹
当時の大河ドラマPRポスター

常高寺階段にある「ちりとてちん」のロケ紹介看板

■空印寺へお詣り

八百比丘尼が祀られる空印寺本堂
空印寺本堂に祀られる八百比丘尼像
八百比丘尼入定岩窟
八百比丘尼の入定岩窟入り口
岩窟内部と八百比丘尼墓碑

たのみなば いのちのほどや ながからん
いわまのしずく つきぬかぎりに

弥勒寺の峯山百体観音参拝

御所市にある真言宗弥勒寺の峰山百体観音へお参りしました。
御所市といっても五条市に近いので京奈和道で約30分で到着しました。

国道24号の道沿いに看板が立っているので、あることは知っていたのですが、
今まで訪れることはありませんでした。

百体観音は峯山という山を取り巻くように、西国・秩父・坂東の各観音霊場の石像ご本尊をそれぞれ祠に納めてお祀りしています。

私は百体観音が弥勒寺の境内にあるものと思っていたので、まさか山登りすることになるとは思ってもいませんでした。
途中には昨年の西日本豪雨で一部山崩れ、祠の崩落のところもありましたが、
仮修復されいて、おかげさまで一周お参りすることが出来ました。

めくるまに 宿世(すくよ)の罪も消えはてて 
福寿む里う(むりょう)の 人となるらん

<意訳>
一周お参りする間に、
この世の罪が消えてしまい、
数え切れないほどの福に満たされるんです。

しんどかったけど、ありがたいお詣りでした。
合掌

真言宗弥勒寺全景
案内看板
登り口は猪よけのフェンスの門がありました
百体観音(1)
百体観音(2)

土寺小屋の梵字を文化祭で展示

第33回の麻生津公民館文化祭は地区の麻生津小学校で開催されました。
今年は土寺小屋の小屋生たちの梵字額も展示されました。

午前中から豚汁のふるまいやバザー、ゲートゴルフが行われ、
午後からは小学生や地域の方々の発表会です。

麻生津の『麻』という字を赤いデージーで表しています

青洲太鼓でオープニング
梵字の展示
和道副住職の十三仏梵字額
バザーと豚汁のふるまい
グランドゴルフ
小学生の発表