弥勒寺の峯山百体観音参拝

御所市にある真言宗弥勒寺の峰山百体観音へお参りしました。
御所市といっても五条市に近いので京奈和道で約30分で到着しました。

国道24号の道沿いに看板が立っているので、あることは知っていたのですが、
今まで訪れることはありませんでした。

百体観音は峯山という山を取り巻くように、西国・秩父・坂東の各観音霊場の石像ご本尊をそれぞれ祠に納めてお祀りしています。

私は百体観音が弥勒寺の境内にあるものと思っていたので、まさか山登りすることになるとは思ってもいませんでした。
途中には昨年の西日本豪雨で一部山崩れ、祠の崩落のところもありましたが、
仮修復されいて、おかげさまで一周お参りすることが出来ました。

めくるまに 宿世(すくよ)の罪も消えはてて 
福寿む里う(むりょう)の 人となるらん

<意訳>
一周お参りする間に、
この世の罪が消えてしまい、
数え切れないほどの福に満たされるんです。

しんどかったけど、ありがたいお詣りでした。
合掌

真言宗弥勒寺全景
案内看板
登り口は猪よけのフェンスの門がありました
百体観音(1)
百体観音(2)