福井県で唯一の国宝建造物がある明通寺へお詣りー

小浜市にある真言宗明通寺は、坂上田村麻呂が天下泰平を祈念して、
今から1200年あまり前に建立したお寺です。
茅葺きの本堂は国宝で、安置されているご本尊は国の重文指定の薬師如来です。
薬師三尊は本来、日光菩薩と月光菩薩を脇仏としていますが、
ここは降三世明王と、孫悟空に出てくる沙悟浄のモデルと言われる深沙明王が脇仏で、ともに2.5mほどの高さのあるとても立派なものでした。

本堂の脇の階段を上ったところには、思わず手を合わせたくなる国宝の三重塔が厳かにそびえています。

福井県に二つしかない国宝建造物がここ明通寺の本堂と三重塔なのです。

ありがたい国宝巡礼でした。

合掌

ついでと言っては申し訳ないのですが、せっかく若狭に来たので、
常高寺と空印寺へお詣り。

常高寺は、浅井家三姉妹の生涯を描いた、NHK大河ドラマ「江(ごう) 姫たちの戦国」にご縁のあるお寺(次女お初が建立)。
さらに、ここはNHK連続テレビ小説「ちりとてちん」のロケ地でもあります。

空印寺は、不老長寿の伝説で有名な「八百比丘尼」が入定した岩窟のあるお寺です。
少女の姿のまま成長し、120歳で出家、その後諸国に道路や橋を架け、信仰と徳道を説き、八百歳になったとき大好きな椿の花の下にある空印寺の岩窟内で入定された伝説があります。
この岩窟前で祈れば不思議な霊験が現れると言われています。

法事に出仕するため忙しくされていたご住職が、わざわざ岩窟の門扉を開けてくださいました。
法事から帰られたら早速本堂を開けてくださり、八百比丘尼像の前に案内してくれました。
ご住職、本当にありがとうございました。

明通寺 参道案内石
明通寺 山門への参道
明通寺 本堂への参道
明通寺本堂と三重塔

明通寺三重塔
明通寺客殿(重文 不動明王)

■せっかく若狭に来たので、常高寺と空印寺へお詣りー

常高寺楼門
浅井家三姉妹
当時の大河ドラマPRポスター

常高寺階段にある「ちりとてちん」のロケ紹介看板

■空印寺へお詣り

八百比丘尼が祀られる空印寺本堂
空印寺本堂に祀られる八百比丘尼像
八百比丘尼入定岩窟
八百比丘尼の入定岩窟入り口
岩窟内部と八百比丘尼墓碑

たのみなば いのちのほどや ながからん
いわまのしずく つきぬかぎりに

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です