土寺小屋開催

土寺小屋ー
写仏に熱心!熱心!
アッという間におしまいの時間になりました。

御弥津は副住職手づくりのフルーツゼリー。。。

お勤めから始めましょう
『がんばって7月も来るよ・・・』って。。。
『色づけが難しい・・・』
『マイペースやでえ・・・』
かすみちゃんが御弥津のお手伝い。。。
副住職手づくりのフルーツゼリー。。。
冷たいフルーツゼリー
休憩~
休憩~
栗の花の根元には可愛い栗の実が🌰
栗の実にも花が咲いてる。。。

「田舎坊主の闘病日記」(文芸社刊)出版

田舎坊主シリーズ第5弾ー
拙書「田舎坊主の闘病日記」(文芸社刊)の著者分が届きました。

7月1日、全国主要書店にて発売になります。
6月20日より全国書店にて注文可能です。
アマゾン、楽天、その他ブックWEBでの販売は少し遅れます。

この初刷りー
あるページの1行に5文字分の空白が・・・(≧◇≦)ドヒャア~~~ン
出版社編集者が何かのハズミでスペースを挿入か?
すでに初版分は印刷済み・・・平謝り。。。
でも欠落ではないため、私も了解!
むしろ一刷目は貴重品かも。。。
何ページに空白が?
探してみてください。
もし重版することがあれば、空白はなくなりますので。。。

ご興味があれば是非ご一読をお願い致します。
合掌

表紙の裏表イラストは私が作りました。
本文挿絵は、紀の川市患者家族会きほく会員神森敦子さん作です。

国宝巡礼ー 鶴林寺(加古川市)と太山寺(神戸市)

加古川市にある鶴林寺の本堂と太子堂はともに1952年に国宝指定。
このお寺は『播磨の法隆寺』とも呼ばれ、
街中にもかかわらず、しっとり落ち着いたお寺で、国宝の他にも多数の重要文化財を有しています。
本堂前の左右に菩提樹と沙羅双樹が植えられていて花の寺としても有名です。
ちょうど菩提樹の花と沙羅の花が満開でした。

鶴林寺山門
鶴林寺本堂
鶴林寺三重塔
新薬師堂
太子堂
鶴林寺は聖徳太子創立と伝えられています。
鶴林寺の菩提樹
花が満開。
菩提樹の花
沙羅の木
花が満開。。。

神戸市にある太山寺

神戸市にある太山寺の本堂は国宝でとても巨大な本堂でした。
神戸市にある唯一の国宝建築物です。
ここも静かな住宅街にあるお寺ですが、広い境内は照葉樹原生林に囲まれた荘厳なお寺でした。

太山寺国宝本堂全景
太山寺国宝本堂
太山寺本堂
太山寺阿弥陀堂
太山寺三重塔
太山寺薬師如来

ありがたい巡礼に感謝!
合掌

京都に飛んできたお薬師さんー

★因幡(鳥取県)の薬師如来は京都まで飛んできたア~~~

橘行平が因幡に赴いた際、海中から薬師如来を助け上げ堂に安置していた。
橘行平が京都に戻ると自宅に助けた薬師如来が飛んできたというのです。
この自宅がお寺『因幡堂』と名付けられたのです。

京都の中心部にあるこの「因幡堂」の本堂改修に伴い、
龍谷ミュージアムで開催されている『因幡堂平等寺展』を覧てきた。
普段拝むことのできない多くの仏様が360度から見ることができました。
重要文化財の縁起絵巻や薬師如来は見応えがありました。

・昔から仏教の伝説はすごいのですー
 お釈迦さまは生まれてすぐ「天上天下唯我独尊」と右手を天に向けて叫んだしー
 弘法大師は中国(唐)から三鈷を投げると高野山まで届いたのです。。。

2階には西域トルファンにあるベゼクリク岩窟の大回廊壁画レプリカがつくられていて、
40年前に行ったときのことを懐かしく思い出しました。

ありがたい拝観でした。
合掌

龍谷ミュージアム「因幡堂平等寺展」


縁起絵巻の一部。

薬師如来が海から引き上げられるようす。。。
船上の人が橘行平公

薬師如来のお顔

ベゼクリク岩窟の大回廊壁画レプリカ


ベゼクリク岩窟の全景
40年前の田舎坊主
若かったなあ。。。