護摩焚き法要と土寺小屋

皆さまの日々穏やかなることを願い護摩を焚きました。

土寺小屋は住職田舎坊主のー
「お通夜もお葬式も穢れの場ではありません」というお話になりました。
御弥津は副住職手づくりの『冷やし白玉ぜんざい』でした。。。

南無大日大聖不動明王
合掌

なんか楽しそう。。。
今日の御弥津ー
冷やし白玉ぜんざい。。。
食べてる間は静かです。。

南無大日大聖不動明王
南無大師遍照金剛

国宝巡拝ー浄瑠璃寺・岩船寺

浄瑠璃寺は九体阿弥陀仏(国宝)がとりわけ有名で、
丈六の中心仏をはじめ横に九体の阿弥陀如来像が安置されているため、
本堂も横に長い本堂です。
東には浄土池があり、
向かい正面に秘仏薬師如来を安置する国宝三重塔が、
阿弥陀如来と向き合っています。

浄瑠璃寺参道
浄瑠璃寺前の茶店、あしびの店
浄瑠璃寺前の茶店でとろろそばを頂き、腹ごしらえ―
浄瑠璃寺山門
浄瑠璃寺の国宝三重塔
浄土池と三重塔
九体阿弥陀堂
ご本尊
国宝丈六阿弥陀如来
国宝 九体の阿弥陀如来像は圧巻でした。
阿弥陀堂

岩船(がんせん)寺は関西花の寺霊場で、
本尊の阿弥陀如来も丈六で約3mの重厚荘厳な座像でした。
御体は金箔が施され、衣は朱彩色が残る国の重要文化財です。
本堂ではご住職が私一人だけに丁寧に説明していただきました。
岩船寺の三重塔も重文で、花の寺だけあって紫陽花に映えていました。

岩船寺山門
岩船寺本堂
岩船寺の重文阿弥陀如来座像
本堂内(写真集より)
岩船寺の重文三重塔
本堂ではご住職が私一人だけに丁寧に説明していただきました。
重文五輪塔

岩船寺から30分ほど山を下って、
「ねむり仏」と「わらい仏」「不動石仏」の磨崖仏に会いにいきました。
ねむり仏は首の部分だけが地上に出ているお地蔵さまのようでした。
わらい仏は名の通り、笑ってくれてるように見えました。
お不動さまも大きな花崗岩に彫られていました。
大変な山道でしたが、心癒やされました。

当尾の石仏巡り案内板
わらい仏
わらい仏
わらい仏
ねむり仏
ねむり仏
岩船寺からねむり仏へ下りていく道。。
不動明王
不動明王
谷向かいにある磨崖仏
道なき道を通ってー
磨崖仏近影、ありがたいー

ありがたい巡礼でした。
合掌

国宝巡拝、湖南三山の三ヶ寺へ

長寿寺の本堂や御仏たちはしっとりと厳かにー


しかもどの御仏もとても立派なことに感動しました。
ご住職自ら境内のお掃除をされていて、
「こんな格好ですけど・・・」と言いながら、写真を撮らせてくれました。

長寿寺山門
国宝本堂
日本最大級 多宝石塔
長寿寺参道のかわいい・・・。。。
丈六仏
優しそうなご住職自ら境内のお掃除をされていました。
合掌

善水寺の本堂も国宝です。

御仏の数はとても多く、そのほとんどが国の重文に指定されています。
今日午後2時から柴燈護摩を焚かれるということで、準備中でした。

善水寺 国宝本堂
本堂前の蓮華
柴燈護摩壇 七月七日午後2時からですって。。。

常楽寺はー

以前不埒な参詣者が被害を与えたということで、完全予約拝観限定で、
残念ながら寺外から多宝塔の上部を拝むことしかできませんでした。
常楽寺とともに、また再度湖南三山を巡りたいと思いました。

必ずもう一度行きたいです。。。

ありがたい巡礼でした。
合掌