護摩焚き法要

きょうの護摩焚き

九州地方の大雨被害がこれ以上大きくならないように、
そして皆さまの安寧を祈願して心込めて護摩を焚きました。
合掌

百日紅が満開の境内
心込めて般若心経をお唱えしました
形がいいのはこれだけ。。。

国宝巡拝50ヶ寺目は浄土寺

ちなみに国宝巡拝を始めたのは、
友人からすすめられた月刊『SAVVY』2018年2月号「関西の国宝」を見てからですが、
ついにその表紙にある仏様に会うことができました。
それが8月25日にブログアップした浄土寺の弥陀三尊です。

2018年1月から廻りはじめて50ヶ寺という区切りのお寺が小野市の浄土寺浄土堂(阿弥陀堂)でした。
本堂も国宝で、内部は丸い須弥壇だけでそこに5.3mの阿弥陀如来立像と、
脇仏に3.7mの勢至菩薩と観音菩薩が立っていらっしゃいました。

とにかくその大きさに驚かされたのと、天井のない本堂は 蔀戸から入る光を計算したすばらしい建築物でした。
仏さまの周囲をゆっくり拝見することができ、その横顔を見ると中尊のお鼻の高さや、脇仏のゆったりと少し膨らみをもたせた腰回りなどには鎌倉時代の作とはいえ新鮮さすら感じることができました。

もっとゆっくり本堂に座っていたかったのですが、帰りの時間のこともあり本堂はお昼一時間閉館されるというので、再度の拝観を思念しながら帰途につきました。

浄土寺パンフレットから。
月刊SAVVY2018年2月号の表紙
浄土寺の弥陀三尊

感動的な巡拝でした。合掌

兵庫浄土寺と朝光寺の国宝巡拝

兵庫県小野市の浄土寺国宝浄土堂

この本堂は蔀戸(しとみど)から巧みに光を採り入れるように考えられていて、西方極楽浄土を目前に感じられるような造りになっています。
しかしなんといっても中央に配置される阿弥陀如来は高さ5.3mととても大きく、脇侍の勢至菩薩と観音菩薩も3.7mあり、圧倒される素晴らしさでした。

国宝浄土寺浄土堂(阿弥陀堂)
浄土寺
浄土寺鐘楼堂

兵庫県加東市の朝光寺

獺祭という銘酒のための酒米山田錦が栽培される田んぼが広がる山道を登ると、ひっそりとした山奥に朝光寺はありました。
『つくばねの滝』という看板を見ながら川沿いを進むと右手に滝が見え、左手には急な100段ぐらいの階段が見えてきます。
誰もいない境内には国宝の朝光寺本堂と多宝塔が静かに迎えてくれました。
ありがたい巡礼でした。
合掌

朝光寺への階段
階段を上りきると山門と本堂が迎えてくれます。
国宝朝光寺本堂
朝光寺多宝塔
多宝塔前から朝光寺本堂を見る

8月9日は施餓鬼供養の一日

午前6時、施餓鬼供養が始まりましたー
でも、いつも早くからお参りいただく方は午前5時半にはお参りくださいます。
ずいぶん暑さ厳しい一日でしたが、たくさんの方にお参りいただきました。

午後6時から西脇梵施会と土寺小屋生にご詠歌西国33番をお唱えいただき、午後7時には無事に施餓鬼会が終わりました。
合掌

あしたから15日まで棚経でお参りします。。。

施餓鬼棚には 朝から たくさんの方にお参り頂きました。
和歌山市からお参り頂きました。
純令と和純
「なんちゅう顔してんね~ん」
午後六時ごろには施餓鬼棚は経木でいっぱいになりました。
合掌

10日から15日まで棚経でお参りします。