国宝巡拝-室生寺

女人高野室生寺の国宝巡拝しました。
秋風が爽やかな室生の里はシャクナゲが有名ですが、
秋口のこの季節は参拝者も少なくゆっくりお参りすることができました。

今まで何度か訪れたことはありますが、
奥の院まで上ったのははじめてです。
仁王門(現在修理中)鎧坂から奥の院まで合わせて700段の石段があり、
五重塔からは450段の急な石段を上れば、
弘法大師をお祀りする大師堂と位牌堂が迎えてくれます。
この日は14日でしたが、偶然幸いにも大師堂が開扉され直接弘法大師を拝むことができました。
受付の男性から「今日はラッキーでしたね」と声をかけられました。

五重塔をはじめご本尊など七つの国宝を拝むことができたありがたい巡拝でした。
合掌

山門前の太鼓橋
鎧坂から金堂へ
国宝金堂
国宝金堂(本尊釈迦如来立像は国宝)
弥勒堂(重文)
国宝本堂
国宝五重塔(屋外の五重塔としては最小)
奥の院への450段石段
奥の院御影堂(重文)
21日しか開扉されないのに偶然開扉され
弘法大師を拝むことができました。

南無大師遍照金剛
合掌

国宝巡拝ー根来寺

あまりにも近くにある根来寺ー
はじめて拝観料を払って寺内を巡らせていただきました。
根来寺と言えば桜ですが、
人いっぱいでその時期に行ったことなしー

根来塗はあまりにも有名。
自坊にも根来塗の三宝や膳がありましたが、
子どもの頃にはただ塗装がはげただけの古いお椀やと思っていました。

根来寺境内は平成19年に国指定史跡に指定されました。
大塔は高さ40mに及ぶ日本最大の国宝の多宝塔ですが、
昨年の台風で傷ついた屋根の修理が行われていました。

聖天堂では住職が読経中で、しばし黙念致しました。

ありがたい巡拝でした。
合掌

根来寺大門
大門表
二層部分には十六羅漢像がお祀りされています。
根来寺大伝法堂への参道
大伝法堂
大伝法堂ご本尊大日如来、
脇侍は右に金剛薩埵、左に尊勝仏頂
大師堂
大師堂の本尊弘法大師と見事な天井画
大塔へ役僧が仏花をお供えに。。。
真義真言宗開祖覚鑁上人御廟所(奥の院)
覚鑁上人御廟
国指定の名勝庭園
鐘楼門から光明殿へ
光明殿
聖天池から聖天堂(歓喜天)を望む

聖天堂では住職が読経中で、しばし黙念致しました。
ありがたい巡拝でした。
合掌

国宝巡拝ー長保寺

海南市下津の長保寺は西暦1000年に一条天皇の勅願で創建され、
その後、1666年に紀州徳川家初代藩主頼宣により菩提寺に定められました。

現存する大門、本堂、多宝塔などは鎌倉時代に再建され、すべて国宝に指定されています。
この本堂、塔、大門が三つそろって国宝のお寺は奈良法隆寺とこの長保寺だけです

本堂のご本尊は釈迦如来座像(鎌倉時代)脇士の普賢菩薩と文殊菩薩は平安時代の作です。
(長保寺しおりより)

現在、墓所は昨年の台風禍のため巡拝できませんでした。

長保寺は天台宗寺院で最澄さんの言葉
「己を忘れて他を利するは 慈悲の極みなり」(忘己利他ーもうこりたー)
が、しおりに記されていました。

ありがたい巡拝でした。
合掌

長保寺の国宝大門
大門から参道、国宝多宝塔が見える
大門をくぐって振り返る
参道の石段
参道の石段を登りきれば国宝の本堂が姿を現します。
国宝多宝塔
多宝塔正面
国宝の本堂と多宝塔
本堂内のご本尊
釈迦如来座像(鎌倉時代)脇士の普賢菩薩と文殊菩薩
墓所は昨年の台風禍のため巡拝できませんでした
暑いひとときでしたが、
ありがたい巡拝でした。

ありがたい巡拝でした。
合掌

今日のリハビリウォーキングー

今日のリハビリウォーキングー
不動寺の真っ紅な百日紅を背に、
おたすけ地蔵に合掌してから。。。
愛宕山~ヘビ島~自宅へ🚶

距離 5.6㎞
時間 62分
階数 18階
速度 約11分10秒/㎞

途中「わたしたち石垣の排水溝生まれです」って、
立派な木が生えてました🌲
たくましなあ。。。

深紅の百日紅
今日もおたすけ地蔵さんはいいお顔。。。
石垣の高いところでブロックの排水溝からたくましく。。。