奈良菩提山真言宗正暦寺へ参拝

11月だけ本堂で公開されている秘仏・仏画展を拝して参りました。
かつては86坊もの塔頭寺院が並び建っていた聖地菩提山は、
今や福寿院客殿(国重文)と護摩堂、そして大正時代に再建された本堂・鐘楼堂を遺すのみとなっています。

公開されているのは、非常に珍しい台座に腰をかける小ぶりの薬師如来像でした。

また福寿院の客殿(国重文)にも上がらせていただき、
お祀りされている孔雀明王を拝むことができました。

ありがたき巡拝に感謝ー
合掌

正暦寺参道
本堂
薬師如来座像(国重文)
福寿院客殿への山門
ついでに清酒発祥のお寺で『鷹長』買ってきました。
とても飲みやすいお酒で、大好き。。。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です