我が家のアロエ様 あなたは、えらい!

ほとんど土のない石垣の隙間でこんなに大きくなり

主人の手から一滴の水を与えられることもなく

ましてや一粒の肥料も与えられることもなく

夏には灼熱の太陽とブロックの熱に負けることなく

冬にはたとえ氷点下になり

その身は凍てついても絶えることなく

40年以上この味気ない場所を住処として生き続け

子株を増やし続けてきました

アロエ様 あなたは、えらい!

自ら生き続けるだけではなく

あなたは何度、火傷の薬として人の役に立ったことでしょう

きのう私が手を火傷したときも

傷口を包み込み、痛みを消し、水疱も作らせず

たった1日で大きめの傷テープ一枚だけですむような

そんな小難に抑えてくれました

夏も冬も自然の厳しさに耐え

与えられるものが何一つなくても

文句一つ言わず日々生き続け

周囲に火傷をした人があれば

手当薬として人の役に立ち

お礼の肥料を求めようともしない

それどころか毎年花を咲かせ

人の目や心を癒やしてくれます

    * 

アロエの友人たちは

あるときは化粧品などとなり

あるときは胃腸薬となり

あるときはヨーグルトの栄養となり

ただただ他のために生き続ける

アロエ様 あなたは、えらい!

私はそんなアロエに・・・
あっ、いやっ・・・

そんな人に、私は、なりたい。。。

令和元年師走 
森田良恒

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です