久しぶりに国宝巡拝―苗村神社

コロナニュースばかりで頭が痛くなってきたので、久しぶりに国宝巡拝

 ―苗村(なむら)神社・苗村(なむら)不動明王―

竜王インター近くにある苗村神社の建造物の多くが500~800年前に造られたもので、 ほとんどが国宝や重文に指定されています。

一番驚くのは大鳥居の向こうに見える、
神社とは思えない壮大な風格ある楼門に圧倒されます。

西本殿入り口の大鳥居
神社のものとは思えない檜皮葺の楼門(重文)
壮大な楼門 に圧倒されます

奥に鎮座するこちら西本殿は檜皮葺の国宝社です。
この境内にはかつてあった護摩堂内のご本尊、
木造不動明王像が所蔵庫内に納められていています。

不動明王像は所蔵庫内

苗村神社には神仏習合の様式が如実に残っていました。

さらに、道路を隔てた東本殿は鬱蒼とした森に囲まれ、
こちらの社殿も重要文化財に指定されています。

この時期、東西本殿ともにコロナ対策のため鈴緒は外されていました。

有り難い国宝巡拝でした。
合掌

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です