羊羹(ようかん)から生まれる感謝のこころ-

ご馳走いただいて考えた――
羊羹(ようかん)から生まれる感謝のこころ-

「羊羹」の字の中には羊が3匹いるの知っていますか?
「羹」という字は「羊」を下から「炎」で炊いてる「羔(こう)」と、その「羊」は「大」きいものという「美」という字で成り立っています。

「羹」は「あつもの」と読みます。
高野山などでは、タケノコやお豆や椎茸や人参など旬のものを炊いた煮物を「旬羹(しゅんかん)」といいます。
「あつもの」と読むとおり、元々は「羊を炊いたもの」だったんです。
シルクロードなどで羊の腸や頭などを一緒に煮たものが「羊羹」だったんですね。
(昔、シルクロードで食べた「羊羹」の写真)

これが羊羹

これがシルクロード~中国~朝鮮半島、そしてやがて大豆文化の日本に入ってくると「小豆」を煮たものへと変化したのでしょうね。
いずれにしても栄養価が高く、高価な食べ物でもあるということです。

ちなみにシルクロードでは羊は欠かせない動物です。
 シルクロードでも夜は氷点下に下がり、羊の毛は温かく人を包んでくれます。
 羊毛をウール生地に仕上げるときに化粧水ができます。
 羊肉はおいしく、食べて命を養うので「羊」+「食」で「養」となります。
 羊皮は火吹き鞴(ふいご)となり、カシュガルなどの刃物作りに欠かせません。
 羊皮を一頭分まるごと使い、四つ並べて羊皮(ヤンピー)船になります。
(少年の乗った羊皮船ー写真)

羊皮船


 人が亡くなったら羊一頭を長い木に吊り下げてお墓にお供え(供養)します。
(お墓に木に吊り下げられ供えられた羊の写真)

干からびた羊が木につるされて供養

さらに漢字文化圏に「羊」が入ってくると、羊にどれだけ助けられたかを現すようにいい意味の漢字に使われました。
「養」ーやしなう
「祥」ーさち
「美」ーうつくしい
「善」ーよい
「鮮」ーあざやか
「義」ーよし

それにしても、羊にとっては災難です。
(シルクロードで最高のもてなし、羊の丸焼きー写真)

新鮮さをアピールするように草をくわえさせている。

羊に限らず、私たちは生きたかった動物たちの息の根を止め、
その命を奪って食べ、
それを自分の命に置き換えているのです。

昔からこの有りように感謝を感じていたからこそ、
「(命を)いただきます」と手を合わせる慣習が生まれたのでしょう。
「命」という字の源をたどれば「喰らう」ということです。

日々食べられることがどれだけありがたいことであり、
感謝しているのか自らに問いかけながら、
このコロナ禍、自粛生活を送りたいと思います。

合掌

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です