淡路四国八十八ヶ所霊場参詣

関西地方の緊急事態宣言が解除されたので、
淡路島洲本周辺の淡路四国霊場札所にお参りさせていただきました。

千光寺

非常に急激な階段がいくつも続く淡路四国八十八ヶ所霊場第一番札所です。
淡路富士と呼ばれる先山の頂上にあり、大震災の傷跡がそこここに残っていて、
現在も復興中の看板が立てられていました。

千光寺山門
不動堂
一つ目の階段を上ったところ
山門と本堂
本堂
三重塔
鐘楼堂
境内の観音像

東山寺

東山寺は 第49番札所です。
復興された鐘楼堂がまぶしかった。
ご本尊は千手観音様ですが、立派な薬師如来は収蔵庫にお祀りされていました。

東山寺山門
参道階段
東山寺正面
薬師堂
鐘楼堂
本堂観音堂

常隆寺

淡路四国番外札所です。
北淡の最高峰伊勢ノ森の頂上にあります。
非常に細い山道を自動車で上がることが出来ました。
新緑まぶしい境内に入ると、
ニャンコちゃんが正座して迎えてくれました。

奥の院の頂上まで上がると、
眼下に広がる瀬戸の海と遠くに望む小豆島に心清められました。

常隆寺正面
「ようお参りニャン」
山門
大師堂
本堂
本堂内
奥の院
遠くに小豆島が望めました。
奥の院頂上には淡路島で獲れるお魚の供養塔がありました。

ありがたいお詣りでした。
合掌

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です