終い不動護摩焚き法要

終い不動の護摩焚き法要ー

寒気の前の晴天に恵まれ☀
皆さま方の安寧と疫病退散を祈願して無魔勤修致しました。

お参りいただいた皆さま方とともに、
この一年を振り返り感謝するとともに、
この場にお参りできないFB友人方の安寧と来る年の吉祥を心から祈念しました。

また、境内では廃止された那賀斎場の慰霊塔の移設作業仕上げ工事がされていました。
まさか自分が揮毫した慰霊塔銘板が自坊に帰ってくるとは思ってもみませんでした。

南無大日大聖不動明王
南無大師遍照金剛
合掌

晴れてくれました。
慰霊塔移設の仕上げ作業
那賀斎場が廃止され、まさか自坊に帰ってくるとは・・・

南無大師遍照金剛
合掌

四国阿波巡礼の旅 12月24~25日

24日(雨)18番から23番へ
25日(晴れ)8番から11番へ

「西の高野」と呼ばれる21番阿波太龍寺では、
ひときわ感動を覚えるお参りをさせていただきました。

若きお大師さまが「百万遍虚空蔵求聞持法」のご修行をされた舎心嶽(標高618メートルの太龍寺山の山頂)にはお大師さまのブロンズ像があり、ロープウェイから拝むことができました。

また太龍寺境内は紀州高野山奥の院と同じように「御廟橋」「大師堂」「御廟」などが佇んでいました。

ありがたい巡拝でしたー
同行二人
南無大師遍照金剛

18番恩山寺
恩山寺 大師修行像
19番立江寺
立江寺大師堂
20番鶴林寺山門
鶴林寺本堂(二羽の鶴)
21番太龍寺
太龍寺大師堂(高野山奥の院を模している)
舎心嶽 の大師像
22番平等寺
平等寺全景
平等寺仁王阿像もマスク
23番薬王寺
薬王寺本堂
8番熊谷寺
熊谷寺本堂(正面)と大師堂(左)
9番法輪寺
法輪寺境内
法輪寺大師堂
10番切幡寺(多宝塔まで400段階段)
切幡寺本堂
切幡寺多宝塔(国宝)
11番藤井寺
藤井寺大師堂
藤井寺本堂天井画

ありがたい巡拝でした。
合掌

四国徳島<発心の道場>巡拝

四国八十八ヶ所霊場 徳島<発心の道場>巡拝ー

この冬一番の寒波が押し寄せるなか徳島の霊場も最低気温を記録し、
強風が吹いていましたが、おかげさまで晴天に恵まれ、
ありがたい巡拝をさせて頂きました。

緊急事態宣言が出された春には札所自体が閉寺されたのですが、
コロナ感染者が増加傾向にあるこの時期ですが、
団体さんの巡礼も増え、札所には観光バスや大型ワンボックスカーもたくさん見かけるようになってきました。
ただ団体巡礼ではー
添乗員が納経朱印状をまとめて記帳してもらうため、
記帳していただくまでかなりの時間を要することが思案の種でもあります。
ただ、これも修行なんでしょう・・・と思いながらのありがたい巡拝でした。

南無大師遍照金剛
同行二人
不動坊 良恒
合掌

第一番 霊山寺 発心門
第一番 霊山寺山門
霊山寺境内
霊山寺本堂の天井龍図
第二番 極楽寺山門
極楽寺長命杉
極楽寺参道階段
第三番 金泉寺山門
金泉寺本堂
金泉寺 大師堂
第四番 大日寺山門
大日寺山門から本堂望む
大日寺本堂
第五番 地蔵寺山門
地蔵寺本堂
地蔵寺大師堂
第六番 安楽寺山門
安楽寺本堂
安楽寺 庫裡温泉山扁額
第七番 十楽寺山門
十楽寺参道と遍照殿
十楽寺大師堂

南無大師遍照金剛

鳴門大橋が見える宿で泊まりました。

南山城古寺 大御堂観音寺巡拝

国宝巡拝ー

南山城古寺 大御堂観音寺十一面観音立像

ご住職のご丁寧な説明とともに、すばらしい観音さまにお会いできました。
像高は172㎝あまり、重さは約66㎏でほぼ人間とおなじ。
もともと全身金箔が施されていたそうです。

本堂前には二月堂のお水取りの松明に使われる根付き竹が、
祈願文を筆墨されて供えられていました。
お水取りの際には141本の竹が使われるそうです。

ありがたき国宝巡拝でした。

南無観世音菩薩
合掌

来年の二月堂お水取りに使われます。
すぐ近くで拝ませていただきました。
合掌
絵心経の額が本堂に。。。