明けましておめでとうございます

柳生街道から笠置寺磨崖仏へ🚶🚶 🚶

明けましておめでとうございます。
コロナ禍のなか心晴れ晴れとした新年とは言いがたい令和3年丑年の年明けとなりました。

リハビリウォーキングを兼ねて、
柳生街道から笠置寺磨崖仏をお参りしてきました。

南無観世音菩薩
南無弥勒菩薩
南無地蔵菩薩

合掌

柳生街道、阿対の石仏へ
阿対の石仏
笠置寺へ
笠置寺山門
笠置山を一周して磨崖仏へ
お水取りの起源である「正月堂」
(東大寺には二月堂、三月堂があるが正月堂はない)
弥勒菩薩の大磨崖仏
弥勒菩薩
弥勒菩薩を仰ぎ拝む
大磨崖仏の胎内巡り
山頂のゆるぎ石
(敵の攻撃を受けたときに落とす石)
山城二の丸跡
磨崖仏地蔵菩薩
笠置山山頂から
ご祈祷米は七草粥に入れます。

合掌

奈良大和高取城跡へ登る

奈良大和高取城跡へボラボラ🚶🚶🚶

岡山松山城、岐阜岩村城、奈良高取城が日本三大山城と言われています。

はじめて登ってきましたー

高取山山頂に残る城郭と壮大な石垣には至極感動を覚え、
山城マニアの気持ちが分かるような気がしました。

麓の壺阪寺は参詣者が多く見られましたが、
高取城跡山上はそれほど人出もなく本丸は紅葉映え、
眼下遙か遠くに吉野を望む高取城跡でした。

高野山の裏道玉川峡へボラボラ

弘法大師が唐から帰国し高野山に登る途中――――

山道の険しさに杖を作るために近くの竹藪で竹を切って杖にしました。
その村は現在「杖ヶ薮」と呼ばれています。
弘法大師はそこから少し登ったところで、
突然の夕立に遭い衣を濡らしてしまいます。
そのとき道沿いにあった大岩に衣を干しました。

村人はその岩に「御衣干岩」と名付けたのです。

「ポツンと一軒家」で放送された山んなかです。

奥に長い巨岩です
「ポツンと一軒家」で放送された山ん中
玉川峡

音羽山観音寺参拝

NHKのEテレで再放送されている『やまと尼寺 精進日記』の舞台奈良桜井にある音羽山観音寺にお参りしてきました。
約1時間急坂を約1時間登ると寺の階段と本堂の屋根が目に入ってきます。
本堂ではご住職が勤行中で、その間同座させて頂き、お勤めが終わったあと、少しお話をさせて頂きました。

「遠く紀の川市からようこそ。森田さんのことは慈瞳さんからお話は伺っていました・・・」と。穏やかなご住職とお話しができてなによりでした。

3月までここで副住職を務めていたのが、娘の辻純令と尼僧学園で同期の佐々木慈瞳さんです。残念ながらお目にかかれませんでしたがー。

とりわけ眼病に霊験あらたかな観音さまがご本尊です。
※ちなみにかなりきつい坂の連続です。

予約をすれば精進料理をいただくこともできます。

南無観世音菩薩
合掌

近くなのに知らなかった名刹ー

叡福寺

叡福寺は聖徳太子の御廟があるその名も南河内太子町にある名刹です。
太子が49歳で亡くなった後、御妃と、母公と共に埋葬され、推古天皇よりこの地を賜り、霊廟を守る香華寺として僧坊を置いたのが始まりだそうです。

叡福寺参道
正面が聖徳太子御廟
本堂
多宝塔
御廟へ
御廟

西方院

叡福寺の前の道路と小さな谷を挟んだ反対側には、
西方院 という古刹があります。
ここには聖徳太子の3人の乳母が祀られています。

乳母は善信尼(しまめ)・禅蔵尼(とよめ)・恵善尼(いしめ)という、
日本最初の出家尼僧です。

乳母たちは聖徳太子亡き後も近くで菩提を弔いたいと、
御廟の向かいに堂を建て、阿弥陀如来を祀って、
末永く太子に寄り添ったのがこの西方院です。

西方院 の山門前から叡福寺の御廟が望めることに、
不思議な感動を覚えました。

西方院山門
阿弥陀堂
西方院門前から正面に叡福寺の太子御廟が望める

竹内街道(難波~飛鳥)と呼ばれる町並みも電線の地中化が進んでいて、 爽やかな散策には最適の街並みでした。

新緑の吉野山を歩く

リハビリウォーキングをかねて新緑の吉野山、金峯山寺蔵王堂から如意輪寺ま往復約7㎞歩きました。
蔵王堂~東南院~如意輪寺。。。

蔵王堂の国宝仁王門は修復中でした。
伽藍に上がって、国宝本堂蔵王堂の大きさに圧倒されました。

修験道の修行者たちは、長きに渡りこの本堂で大峰奥駆への行成満祈願をしたのでしょう。

吉野山には寺巡りもあります。
その一つの東南院は土産物屋さんや旅館が並ぶ道沿いにあります。

如意輪寺は中千本の途中から一つ峰を約2.3㎞ほど別れた所にあり、
多宝塔からは谷を一つ挟んで遠くに蔵王堂を望むことができます。

有り難いお詣りとリハビリウォーキングでした。
合掌

蔵王堂

東南院

如意輪寺

リハビリウォーキング、岩湧寺へー

河内長野にある1300年以上前に建てられた元々天台宗のお寺です。
現在は融通念仏宗のお寺です。
多宝塔は国の重要文化財で、大日如来(国の重要文化財)がご本尊です。
境内にそびえる老杉は大阪みどりの百選に選定されているそうです。

往復約3㎞の山道を歩くことができました。

合掌

本堂
多宝塔