西行法師と先代住職の最期

 『願わくば花の下にて春死なん
   その如月の望月のころ』

西行法師の有名なこの句の大意はー
 できるなら桜の咲く花の下で死にたいものだ
 お釈迦さまが亡くなった二月の十五夜、満月のころに

その句のとおり桜の下で庵を結び、
西行終焉の地としてしられる南河内の弘川寺にお詣りー

このお寺へは昨年1月、薬師如来霊場巡拝でお詣りさせていただいたのですが、
もちろん桜も紅葉もすべて落葉の時期だったので、
そのときには是非桜の時期に来たいと思っていました。

コロナ自粛の中、人出のほとんどない曜日、時間帯にリハビリウォーキングを兼ねて弘川寺桜山周遊路へ、
山上の西行庵跡がある裏山まで往復約2.5キロを登ってきました。

庵跡看板には二句が書かれていましたー

 『麓まで唐紅に見ゆるかな 
   さかりしくるるかつらぎの峰』

 『訪ね来つる宿は木の葉に埋もれて
   煙を立つる弘川の里』

庵跡山上から大阪の町を眺めると、
満開の桜の向こう遠くに当時はなかったPL教団のシンボル塔が白く輝いていました。

  *

ちなみにー
私の父、先代住職は平成八年四月六日、
自坊不動寺の小さな境内にある一本の桜の下で、
私の友人達と恒例の夜桜花見をしたのです。
酒も回り上機嫌になった親父は、
自分の趣味だった色んな帽子を参加者全員に持ち帰らせました。

翌日四月七日、
大好きな朝風呂に入り、そのまま旅立ったのです。
まるで四月八日に釈迦に生まれ変わるためのように・・・。

朝風呂は自ら湯灌とし、
昨夜のみんなに持たせた帽子は忌み分けとなったのです。

野辺の送りは、
人生の最後に最高の楽しいひとときを過ごした自坊の満開の桜と、
その下にたたずむ多くの友人知人の見送りを受け旅立ちました。

そして私のお弟子さん達の、

 あじの子が あじのふるさとたち出でて
 またたちかえる あじのふるさと

のご詠歌とともに、
まるで桜に心ありて散華するがごとく、
風もないのに桜の花が舞い散り、
あたかも西行法師の句
『願わくば花の下にて春死なん
  その如月の望月のころ』
を彷彿とさせる印象深き野辺の送りでした。

明日は二十五回忌の祥月命日。

  *

私は西行法師のお墓の前でー
「願わくば、先代のように・・・」と掌を合わせてきましたが、
「お前には贅沢な願いだ」と、西行さんに叱られそうです。

合掌

弘川寺本堂
本堂右手の裏山登り口にある西行堂
西行墓 近影
西行墓にある句碑
『願わくば花の下にて春死なん
 その如月の望月のころ』

FMはしもとの録音取材受けました

FMはしもと81.6の「ラジオ寺子屋・高野山」(毎週土曜日12:00~再放送日曜日14:00~)の番組から、住職の坊主としての活動や難病患者会活動などについて、辻純令とともに取材を受けました。

庫裡において、FMはしもと向井景子社長とパーソナリティー高井知弘僧正のお二人からの質問に答えるかたちで、高野山にあがる動機から小坊主時代、高野山大学での進路、自坊に戻ってからの日々のようす、さらには患者会に関わることになったきっかけなどをお話しさせていただきました。

あわせて 、高井知弘僧正は純令が尼僧学院でお世話になった先生でもあるというご縁から、純令が尼僧になった動機や尼僧学園での修行のようすなどについても取材していただきました。

放送は4月4日(土)12:00~<再放送5日14:00~>と、
4月11日(土)12:00~<再放送12日14:00~>の2週にわたって放送されます。
FMはしもと81.6MHz です。
◆ネットで聞く http://816.fm/?p=53051
お聞きいただければ幸いです。
合掌

(左)向井景子社長・(右)高井知弘僧正
雨の中桜満開です。

「布施」と「寄り添い」

--「布施」と「寄り添い」--

以下は「財施」の他に「無財の七施」としてよく知られているものです。
  「眼施」 いかなる人にも温かいまなざしを忘れず接する
  「和顔施」なごやかな笑顔で接する
  「言辞施」相手を思いやる言葉で満ちている
  「身施」 あなたの力でつねに人の手助けをする
  「心施」 うれしいときも悲しいときも相手の心に寄り添う
  「座施」 相手の疲れを察し席を譲り自分の立場を差し出す
  「舎施」 雨に濡れてる人に軒を貸すように温かく迎える

 つまり、お金がなくても笑顔や言葉や振る舞いなどでも布施はできる。それをできない人でも「祈る」ということで布施できるというのが「無財の七施」の教えなのです。

 「布施」はサンスクリット語で「ダーナ」といって「喜んで捨てる」という意味を含んでいます。(英語圏で「ドナーDonor」となり、日本語では「檀那(だんな)」となります)
 ですから相手に寄り添い、見返りを求めず喜んでできればなお素晴らしいでしょう。
           *

 私が子どものころ、みすぼらしい姿の行者のような人が、
「本堂の軒でもいいから泊めて下さい」とよくやってきました。
 母は毛布と枕を差し出し、一夜の宿に本堂を貸していましたが、私はただただ怖かったことを覚えています。
 翌朝、母はその行者におにぎりを持たせ、旅の無事を祈って見送っていたのです。
 それは母の「舎施」だったのでしょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 1989年ノーベル平和賞受賞後来日したマザー・テレサは東京での講演で、
「貧困であること、障害があること、病気であることは決して不幸でも悲しいことでもない。人間にとって一番不幸で悲しいことは、だれからも必要とされず、認められず、孤独であること」といった主旨の話をされました。
 私はこの話を聞き、マザー・テレサに会いたいと強く思ったのです。
           *

 その後、はじめてインドベナレス(バナラシ)の「死を待つ人の家(ニルマル・ヒルダイ)」へ行きました。
 建物正面に聖母マリア像が掲げられていて(写真)ドアを開けると左手に30台ほどの粗末なパイプベッドが並んでいるのです。紺色の毛布だけが敷かれた上に、手足は細り、お腹を異常に腫らした老人や、口を開け、今にも息を止めてしまいそうな人たちが、甲斐甲斐しく動き回るシスターたちとは対照的に、静かに横たわっていました。

ニルマルヒルダイ(俗称:死を待つ人の家)

 入り口近くには2本の担ぎ棒の上に色とりどりの花が盛られた小さな女の子の棺が置いてあり、これからガンジス河で火葬するというのです。
 私は、1985年に亡くなった娘の死と重なり、胸が熱くなったのを覚えています。
           *

 そのとき自分にできることはと考えたとき、なにがしかの「布施」をすることしか思い浮かばなかったのです。そして手持ち分3000ルピーをシスターに手渡して「死を待つ人の家」をあとにしました。
 それが私にとって初めての財施でした。
           *

 ちなみにマザー・テレサは心臓病が悪化し、体調を崩したとき、周囲の手術のすすめに対し、「貧しい人と同じようにここで死にたい」と言って特別扱いを拒否したというのです。
 その生涯を、弱い立場の人たちに捧げた偉大な人生に、ただただ頭が下がるばかりでした。

 生涯弱者に寄り添ったマザー・テレサは人生そのものを「布施」したのではないでしょうか。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私はいまだに勉強中です。

合掌

それにしてもこの国の指導者にはー
もうすこし国民庶民に寄り添うことを実践してほしいと思うのですが・・・。

『田舎坊主の闘病日記』読後感

岡田真由美さんのFB投稿から引用させていただきました。

   *

本当に考えさせられる一冊です。。

夫婦とは
家族とは
病とどう向き合うのかとは
絆とは
人の真の真心とは
そして自身の生き方とは

沢山の事を考えさせられました🙌

森田先生の奥様に対する愛情
御住職様ならではの苦悩
御自身が病であるがゆえの苦悩
家族、縁の方々の心温まる日々

森田先生だからなのかもしれません🤗

この様に苦悩を送られてきたからこそ、、あの心温まる微笑み 説法が私の心をも優しく包んで下さっているのかもm(__)mしれません。。
又、病と向き合う勇気も。。

私自身が不自由であるがゆえに『人様の優しさ、思いやり』に心が痛い程に有り難く感じる日々、、でも自分が健全であったなら、どうであっただろうか?
自分がどうあるべきなのか、、諸々と考えさせられましたm(__)m

追伸 先生の御承諾なく書き込みさせて頂きましたが拝読させて頂けた事にも感謝しかありません🤗⤴️🤗

ありがとうございました。

岡田真由美さんのFB投稿を引用させていただきます

岡田真由美さんの投稿を引用させていただきます。
      *
『求不得苦』
読み終えてみて分かった気がしますm(__)m
先日、先生から頂戴した説法の意も、
この本を読み終えてみて初めて知り得ました。。
ただ感じた事、、一人でも多くの方に是非、目にして欲しい←につきます。
先日、先生に御承諾頂き書いた【靴のかかと】についても記載があり
本当の意味で、
先生が私に何を伝えようとして頂いていたのか?にも気がつけたかと🙌
森田先生には感謝しかないです。。
合掌👃