人の最期に関わるお仕事

先日のFM放送「ラジオ寺子屋・高野山」でのインタビューのなかでー

『枕経を唱えたあと故人の額に手を当て、ご遺族に聞こえないくらいの声で、“よくがんばりましたね”と話しかけます。』
という私の話を聞いて、
かつて葬祭関係のお仕事をされていて、
その後体調を崩されたことなどもあって離職された方から、

「先生のお話を聞いて、もう一度葬祭の仕事に復帰することを決めました。
今まで百人以上の故人様を見送ってきましたが、
果たして私は故人様の最後の時をかけがえの無いものと出来ていたのだろうか?
先生のインタビューを聞き自問し、そして今一度、故人様に向き合っていこうと思ったのです。私に進むべき道を教え頂いたのかもしれません。
そして私なりに故人様、御遺族様にとり最後となる言葉をかけていきたいと思います。
身体がどこまでもつのか正直、不安です。だけど先生のお言葉のように最後の時を私なりに迎えていけたらと思います。」
と、メッセージをいただきました。

人の最期に関わるお仕事はとても重要で尊いものです。

以前「おくりびと」という映画がありました。
人が生まれ、赤ちゃんから日々成長し、やがて小中高大学で学業を成し、就職・結婚・子育てなどを経て子どもの成長とともに老いを迎えます。
その人生にどれだけの悩み、苦しみ、苦痛、喜び、楽しみを経験したことでしょう。
そしてどれだけ多くの愛情を周囲に注いできたのか計り知れません。

その最期を温かく、美しく、感謝と労いを込めて整え荘厳していただくのが葬祭に関わる方のお仕事です。

メッセージをいただいた方はそれまでにも丁寧に勤められていたと思います。
私のお話しが、あらためてその大切なお仕事に戻られようと決心をされるきっかけになったのなら、
このインタビュー放送も無駄ではなかったのでしょうか。

どうか体調には十分注意してお仕事されることを願うばかりです。

合掌

タイムラインにこの写真をアップしたのはー

空あり、山あり、川あり、花あり。
人生を現しているように思ったからです。

  空は爽やかな青空もあれば、曇天にもなります・・・
  山は四季折々に表情を変えます・・・
  川は清流もあれば、濁流にもなります・・・
  花は咲くときもあれば、やがて散ってしまいます・・・

まさに人生はその人の心も環境も多彩な変化の連続かもしれません。
なかでも多くの人は「苦」の時を乗り越え、
人生の幕を閉じるのです。

「苦」は「にがい」とも読みます。
その文字の成り立ちのように、苦くて乾ききった味のない草を食べたことが多い人ほど、温かい味のある人なのかもしれません。
そしてそのDNAはご遺族に受け継がれるのでしょう。

私は枕経の最後に故人の額に手を当てー
「ようがんばりましたね」と語りかけて経を閉じるのです。

(写真は薬師巡礼で通りかかった由良川沿い)


FMはしもとの録音取材受けました

FMはしもと81.6の「ラジオ寺子屋・高野山」(毎週土曜日12:00~再放送日曜日14:00~)の番組から、住職の坊主としての活動や難病患者会活動などについて、辻純令とともに取材を受けました。

庫裡において、FMはしもと向井景子社長とパーソナリティー高井知弘僧正のお二人からの質問に答えるかたちで、高野山にあがる動機から小坊主時代、高野山大学での進路、自坊に戻ってからの日々のようす、さらには患者会に関わることになったきっかけなどをお話しさせていただきました。

あわせて 、高井知弘僧正は純令が尼僧学院でお世話になった先生でもあるというご縁から、純令が尼僧になった動機や尼僧学園での修行のようすなどについても取材していただきました。

放送は4月4日(土)12:00~<再放送5日14:00~>と、
4月11日(土)12:00~<再放送12日14:00~>の2週にわたって放送されます。
FMはしもと81.6MHz です。
◆ネットで聞く http://816.fm/?p=53051
お聞きいただければ幸いです。
合掌

(左)向井景子社長・(右)高井知弘僧正
雨の中桜満開です。

「疫病退散」祈願の護摩焚き法要

護摩焚き法要と土寺小屋を開催しました。

今回は新型コロナウイルスの蔓延で全国的にすべての活動が自粛されるなか、
不動寺では「疫病退散 諸人安寧」を祈願して小屋生とともに懇ろに護摩焚き法要を勤めました。
土寺小屋では住職が「人類は感染症との戦い」という講話をさせていただきました。

辻和道副住職の前行
御弥津はFBフレンドあやさんから届いたシフォンケーキ

2月の土寺小屋

きょうの土寺小屋は、
地元の麻生津公民館文化祭に出展する写仏作品を仕上げます。
辻和道副住職は公民館の主事でもあり、
一昨年から出展させてもらっています。
本降りの雨の中、小屋生は仕上げに熱が入っていました。

なお、御弥津は焼き餅ぜんざいでした。

あす28日は初不動大祭、今日はお餅つき

あす28日は初不動大祭、今日はお餅つきー

あす28日
 ・午後2時からご詠歌法要
 ・法話とぜんざいお接待
 ・護摩焚き法要
 ・お餅投げ

皆さまの安寧を祈願して、
初不動とおたすけ地蔵尊もあわせて法要勤めます。

南無大日大聖不動明王
南無おたすけ地蔵尊
南無大師遍照金剛

合掌

お参りをお待ちしています。

護摩焚き法要と土寺小屋

本堂裏のザクロは爆ぜ、階段の多肉植物は開花直前の不動寺ー
皆さまの安寧を祈願し、
護摩焚き法要無事勤めさせていただきました。

土寺小屋では写仏でワイワイ~
御弥津は副住職手づくりの干しぶどう入りスイートポテトでした。。。
合掌

護摩焚き法要はみんなでお唱えしました。
「御弥津大好き~」
「これやったら描ける~?」

にぎやかな護摩と土寺小屋でした。
合掌

8月9日は施餓鬼供養の一日

午前6時、施餓鬼供養が始まりましたー
でも、いつも早くからお参りいただく方は午前5時半にはお参りくださいます。
ずいぶん暑さ厳しい一日でしたが、たくさんの方にお参りいただきました。

午後6時から西脇梵施会と土寺小屋生にご詠歌西国33番をお唱えいただき、午後7時には無事に施餓鬼会が終わりました。
合掌

あしたから15日まで棚経でお参りします。。。

施餓鬼棚には 朝から たくさんの方にお参り頂きました。
和歌山市からお参り頂きました。
純令と和純
「なんちゅう顔してんね~ん」
午後六時ごろには施餓鬼棚は経木でいっぱいになりました。
合掌

10日から15日まで棚経でお参りします。

護摩焚き法要と土寺小屋

皆さまの日々穏やかなることを願い護摩を焚きました。

土寺小屋は住職田舎坊主のー
「お通夜もお葬式も穢れの場ではありません」というお話になりました。
御弥津は副住職手づくりの『冷やし白玉ぜんざい』でした。。。

南無大日大聖不動明王
合掌

なんか楽しそう。。。

南無大日大聖不動明王
南無大師遍照金剛

土寺小屋開催

土寺小屋ー
写仏に熱心!熱心!
アッという間におしまいの時間になりました。

御弥津は副住職手づくりのフルーツゼリー。。。

お勤めから始めましょう
『色づけが難しい・・・』
『マイペースやでえ・・・』
かすみちゃんが御弥津のお手伝い。。。

きょうの土寺小屋ー

  人ならば 母が愛子そ あさもよし 
  紀の川の辺の 妹と背の山

この土地は万葉集に数多く詠まれた「妹山・背山」🗻

『令和』が万葉集から採用されたということでー
今の季節、妹背山に咲く草花が詠み込まれた句を、
一緒にお勉強します。。。

今日の土寺小屋ー

前半は万葉集ー
後半は写仏ー
御弥津は豆腐と胡麻で作った副住職手づくりの『あんドーナツ』でした。。。

御弥津は豆腐で作った「あんドーナツ」

時間になっても皆さん一生懸命描いてます。

土寺小屋と護摩焚き

新しき元号にも皆さまが平和であり、健康でありますようにー安寧を祈願して護摩を焚きました。
   *
きょうは土寺小屋の日で、写仏教室でした。
御弥津は副住職手づくりのーゴマ豆腐の黒蜜きな粉がけ…でした。

ありがたや 不動のまもり 瑞宝山

土寺小屋
御弥津は副住職手づくりのゴマ豆腐
黒蜜きな粉がけ

高野山女人堂と徳川霊台ご案内

土寺小屋の遠足で高野山参拝。
明治5年まで女人禁制だった高野山に入山できない女性のために建てられたいわゆる「こもり堂」のこと。
高野七口というそれぞれの山内入り口にあったもので、現在は不動坂口の女人堂だけが残っています。
かつて越後国の旅籠「紀伊國屋」の小杉という娘が苦労の末、高野山に来たものの山内には入れなかったためここに「こもり堂」という庵を結び、奥の院の弘法大師に手を合わせていたと言います。
これがのちに「女人堂」と呼ばれたのです。

女人堂

スギ花粉のかたまりが降る中で女人堂ご案内

徳川家霊台

高野山東照宮とよばれる徳川家霊台は徳川家康と秀忠を祀る霊屋で、1643年に竣工しました。
もともと大徳院という寺院の境内に建てられたものですが、今は向かって右に家康、向かって左に秀忠が祀られる霊屋のみが残っています。

徳川家霊台ご案内