2月の土寺小屋

きょうの土寺小屋は、
地元の麻生津公民館文化祭に出展する写仏作品を仕上げます。
辻和道副住職は公民館の主事でもあり、
一昨年から出展させてもらっています。
本降りの雨の中、小屋生は仕上げに熱が入っていました。

なお、御弥津は焼き餅ぜんざいでした。

住職誕生日に自戒を込めてー


令和2年2月22日2時22分 室温22度 いいかげん!(笑)

-いいかげんの薦め-

法事で読経終了後お茶を頂いた時、
当家の奥さまが「もう冷めました?」って聞くので、
私は「ええかげんです」と答えたときの話です。

       *

お茶はもちろんのこと、お風呂でも「ええかげん」はとても良い状態なのに、
なぜ人間にこの言葉がつくと「ええかげんな人」と“悪い人”になるんでしょうねえ?
漢字で書くと「良い加減」です。
お茶もお風呂も、熱くもなくぬるくもないとてもいい状態ですよね。
味で言えば、辛くもなく甘くもなく、
洋服で言えば、きつくもなく緩くもなく、
挨拶で言えば、短くもなく長すぎることもなく、
絶妙な調整具合のことです。

この「いい加減」は仏教では「中道」と言うんですね。
お釈迦さまが悟りを開かれたとき、
自分の苦行を振り返り、
「苦行で死んでしまってもダメ、もちろん怠けてばかりでもダメ、その中間こそ大切」と説かれた、とても大切な教えなのです。
「中道」は、偏りのない心、こだわらない考え方や行動こそ大事なのですよと、私たちに教えてくれているのですね。
怒りすぎない人、
欲張りすぎない人、
しゃべりすぎない人、
頑張りすぎない人等々、

ほんとうは人も「いいかげん」が一番いい人かもしれません。
「いいかげんな人」は褒め言葉と言えます。

もっと「いいかげん」に生きれば、生きやすく仲良くなれるのにね・・・・。
「いいかげん」にいきましょう。

「いいかげんな人」が、褒め言葉で使われるようになるといいですね。

合掌

FBより – 厄除祈願とご先祖供養

岡田真由美様のFB投稿より引用させていただきました。

本日 紀の川市 不動寺さんにて

主人の還暦の厄除け祈願
家族の無病息災祈願
先祖代々の供養

森田良恒御住職様より御作法 読経を賜りました
🤗~やはり心落ち着く不動寺さん 森田先生~🤗

昨年の立て続けの交通事故、家族や私自身の病
年明けの私の足の骨折 あれ??うちの主人、還暦やん。。て厄年やん😭⤵️😭
で、すかさず森田先生に、ご相談(笑)またまた私のワガママを心良くお引き受け頂き本日の御祈祷に。。
でも本当は私宅は他の檀家(ごめんなさい💦💦)
でも、ここまで続いたら何が何でも森田先生にお願いしたい
←私の勝手な一心

何故て?森田先生にお会いすると心が穏やかになり何故にか心が落ち着つくのです(笑)(笑)
そう、、前回、お会いさせて頂いた時の『心とはね、コロ.コロとね』です。
色々有りすぎて心がゴロ.ゴロになってた私⤵️⤵️
でも、今日、森田先生に御作法 読経を賜り、心は少しコロ.コロに😂🙌😂
不自由な足でお伺いし多分に失礼もあったと思いますが、森田先生、本当に有り難うございましたm(__)m

また近いうちにお伺いさせて下さい(笑)(笑)
だってさぁ~、心が落ち着くんですよ🙌
先生の穏やかな微笑み 説法🤗本当に先生との『縁』に感謝しか無いですm(__)m
森田先生と娘様の写メまで頂戴して、、
いつも勝手を心良くお引き受け頂き本当に感謝です🤗
合掌

ようお参りでした。

薬師如来霊場 18番久安寺・21番菩提寺巡拝

薬師如来霊場 18番久安寺・21番菩提寺巡拝

久安寺

伏尾の久安寺は関西花の寺霊場でもあります。
紫陽花やボタンがとりわけ有名で、今は蝋梅が咲き薫っていました。

ここはすべてのお堂内の仏さまの写真撮影をさせていただきました。
また、久安寺の裏山弥勒山には四国八十八ヶ所本尊がお祀りされていて、
約1㎞を巡らせていただきました。

久安寺楼門
久安寺
久安寺本堂
久安寺御影堂
久安寺本堂ー
お前立ち千手観音(本尊は秘仏)
久安寺薬師堂瑠璃殿
久安寺薬師如来立像
久安寺弥勒山上の大師修行像

菩提寺

このあとは巡拝3回目となる21番花山院菩提寺にもお詣りさせていただきました。

花山院菩提寺薬師堂
花山院菩提寺薬師如来
花山院菩提寺薬師堂と幸福の七地蔵尊

気温も下がり、菩提寺山上では雪が降り始めたためー
福住の古民家に宿をとり、一泊してきました。
朝起きると3㎝ほど雪が積もっていました。


 福住宿場町ホテルNipponia
福住宿場町古民家ホテル中庭  福住宿場町ホテルNipponia
福住宿場町古民家ホテル中庭  福住宿場町ホテルNipponia

ありがたい巡拝でした。
合掌

西国薬師巡礼16番~17番

西国薬師巡礼で大阪中心部へ

16番四天王寺、17番国分寺にお参りしてきました。

四天王寺

四天王寺の南門
伽藍内

お昼、四天王寺の西門の近くにあるカウンター9席ほどの
「お好み焼きタカラ」でー

「卵3個入りオムそば」を注文して食べてると、
フランス人が7人入ってきました。
いろいろフランス語でメニューを探っているのです。

ふと何かみんなの視線を感じたので、
私がー
『ディス ワン オムそば トレビアン』と、
わけのわからん英語とフランス語みたいな言葉を発したら、
全員歓声が上がって、全員オムそばに決まりました。

これも縁と思い、
お店の女将さんも一緒に記念

右端の女性が女将さん

国分寺

国分寺山門
本堂内部
護摩堂
薬師如来

ありがたい巡拝でした。

初不動の法話

<仏さまの胎内納入物について>

このお軸、西国33番観音霊場のご詠歌朱印のお軸です。
私が2000年からお参り初めて20年かかりました。
まあ途中いろいろありましたからなー。
今日皆さんに拝んでいただいたんで、私もええとこ行けます(笑)
ありがとうございました。

この西国巡礼が終わってから国宝やお薬師さん霊場なんかを廻っているんですが、
きょうはそんな中で、ご本尊の胎内からでてきた仏さまや古文書などについて、
お話ししたいと思います。胎内納入物の話しです。

仏さまの胎内からは、仏像はもちろんのこと、
仏像が納められお開眼されるまでの経緯や仏師の名前や発起人や、
あるいは途中どういう補修や修理が行われたか事細かに書かれた文書などもあります。
考えてみると、昔の人は大切な記録はちゃんと残してるんですね。

今の安倍政権やったら、みな捨てられてしまいますけどね(笑)

そこで今日は私が行った三ヶ寺の本尊胎内納入物についてお話ししますね。

■まずはじめは 奈良の般若寺、コスモス寺で有名な関西花の寺の一つでもあります。
ここのご本尊は阿弥陀如来です。
この阿弥陀如来の台座から大日如来と地蔵菩薩と十一面観音が見つかったんですね。
本来、阿弥陀如来は「南無阿弥陀仏を唱えれば西方極楽浄土へ行ける」という浄土思想の仏さまです。
その阿弥陀如来の胎内に真言密教のご本尊である大日如来や、菩薩さまが納められていたということは・・・
阿弥陀如来を拝むことが、大宇宙を含む真言密教もともに拝むことであって、
「唱題念仏」だけにこだわらず、すべての仏の教えを分け隔てなく区別差別することなく信仰することの大切さを教えてくれているのかもしれませんね。

法事に行くと、「真言宗やのになぜ南無阿弥陀仏を唱えるんですか」と聞く人もいます。
ちなみに真言宗の弘法大師は空海さんです。
空と海という宇宙を含む名前ですから、高野山奥の院には浄土宗の法然さんのお墓も、浄土真宗の親鸞さんのお墓もあります。
言い換えれば、自分の教え以外は排除排斥するという狭い考えを戒めていると思うんですね。
般若寺のご本尊は、仏教の本義である寛容の大切さも教えてくれているんですね。

■二つ目は京都の清涼寺、嵐山釈迦堂として有名ですね。
ここのご本尊はその名の通りお釈迦さんです。
お釈迦さんのお腹から何が出てきたと思います?
お腹から「お腹」が出てきたんです(シ~~ン)。
布で作られた「五臓六腑」が出てきたんです。(ヘエ~)
心臓、肝臓、腎臓、膵臓、脾臓・・・
私たち「五臓六腑」いうたら、ちょっと入院してて久しぶりに熱燗のお酒いただいたら、
『五臓六腑に染みわたるなあ』ぐらい・・・(笑)

私の想像ですけどね、お釈迦さまは実際に生きていた人間です。
人間だったんだから体内臓器を納めて、
ずっと将来にわたって生きていてもらいたいとの願いがあったんだと思うんですね。
そして驚くのは、一千年前に解剖医学が進んでいたということ。
そして布織りの文化も進んでいたんでしょうねえ・・・
仏師もその願いを理解し、当時の医学者や機織り職人、
ひょっとしたら錦織さんという人たちが力を合わせて、
命あるお釈迦さまを作り上げたんでしょうね。
そして今もお釈迦さまは生きているんだと教えてくれてるんでしょう。
ちなみに、この胎内物も国宝として本堂に展示されているんですね。
すごいことです。

■三つ目は湖南三山の一つ善水寺です。
お薬師さんの霊場で、つい十日ほど前に行ってきました。
寒い日でね、お参りは私一人だったのでお軸にご朱印をいただいたら、
本堂で「アン」して帰ろうと思ってたんですけど、ちょうどご住職が居られて・・・。
大きな国宝の本堂ですよ、うちみたいに小っちゃい本堂チャイますよ(笑)
その本堂の大きなストーブ、学校の体育館に置くような大きなストーブを私一人のために点けていただいて「まあまあ近くへどうぞ」と招いていただいて、とても丁寧に説明してくれました。
ここのお薬師さんの場合、明治39年の改修時の調査でお釈迦さまの胎内からたくさんの米の「籾」が出てきました。
当時、文化財関係者が籾を水につけて発芽するか試しました。
すると、芽が出て苗になって穂がついて立派なお米になりました。
一千年前の籾ですよ、すごいことです、生きてたんです。
その穂がついた稲わらは、胎内から出てきた籾とともに本堂に展示されています。

この地方は近江米、江州米と言われるぐらいの美味しい米どころです。
少し北に行くと「米の原」という「米原」というところがあるくらいですからね。
でも一千年前にはそれほど農地は広かったわけではないですから、
お米はとても貴重なもので、お米が人々の命を育て、ある意味「薬」でもあったんですよね。ですからここに納められるお薬師さんには、お米、籾をお腹に入れて将来にわたって長く長く生きてもらおうという願いがあったんでしょうね・・・
実りや豊穣を祈願するとともに、
将来にわたり長く長く、病を癒やしてもらいたいという願いがあったんでしょうねえ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■「胎」という字ですが、肉づき辺に台を書きますね。
台の下の「口」は人の口でもあるし、大地でもあるんですね。
台の上の「ム」は鋤(すき)の形象文字で、
大地をすきで耕して、できた実りを食べて肉・からだを作っているという字なんですね。言い換えれば「命の始まり」という意味を持ってるんですね。

女性のお腹に赤ちゃんが宿すと「胎児」といいますね。
「胎児」は「胎盤」をまくらに大きくなるんですね。命のはじめの場所です。
ですから、「女」辺に「台」と書いて「始」と読むじゃないですか。
命の始まりを持っている女の人はえらいんです、すごいんです(笑)
「台」という字は「尊い」という意味もあるんで、「尊台」とか「貴台」とか使うじゃないですか。
ところで、命の始まりの料理をする場所をなんていいます?
そうです。「台所」っていうじゃないですか。(ハア~)
「石けん台」とかいっぱいある場所チャイますよ。(笑)

このように胎内物にはいろいろなものがありますが、
私たちに色んな事を教えてくれるんですね。
また機会があればお寺巡りで、胎内物を見てみるのも良いかもしれません。

ちなみに最近、とても大きな観音さまや大仏ができたりしてますが、
そういうところは胎内巡りできるところがたくさんありますね。
これは、胎内巡りで上の方に登って行けば、
仏さまの目や喉仏から見晴らしが良いので入るというだけではあかんのよ(笑)

胎内巡りは命の始まりの場所、母親のお腹の中に戻って、
いま生きていることに感謝し、親に感謝するとともに、
もしいまの体調が優れないなら、
胎内から出るときにはどうぞ元気に生まれ変われますようにと、
祈る事が大事なんです。。。

ちょうど護摩の時間になりました。
お話し終わり。。。

令和2年初不動大祭

初不動大祭ー
不安定な気象情報のなか、
幸い法要やお餅投げなど、
お天気に恵まれ無事勤めることができました。

ご詠歌法要後、おぜんざいの接待とともにー
今日の法話は「胎内納入物(仏)について」
でした。

般若寺の阿弥陀如来像から大日如来と地蔵菩薩と観音さまー
清涼寺のお釈迦さまから絹製の五臓六腑ー
善水寺の薬師如来から米の籾ー

胎内物(仏)が教えることは?
「胎」と「始」の意味とは?

「胎内納入物(仏)について」
お餅まき

あす28日は初不動大祭、今日はお餅つき

あす28日は初不動大祭、今日はお餅つきー

あす28日
 ・午後2時からご詠歌法要
 ・法話とぜんざいお接待
 ・護摩焚き法要
 ・お餅投げ

皆さまの安寧を祈願して、
初不動とおたすけ地蔵尊もあわせて法要勤めます。

南無大日大聖不動明王
南無おたすけ地蔵尊
南無大師遍照金剛

合掌

お参りをお待ちしています。

西国薬師巡礼47番~48番巡拝

47番 善水寺

2019年7月に国宝巡拝で訪れてから二度目のお参りになる善水寺。
そのときは善水寺由縁の池周辺には蓮の花が咲いていたのですが、
今回は白い山茶花が咲いていました。

この時期はお参りも少なく、
申し訳なくも私一人のために大きな国宝の本堂内のストーブをつけていただき、
さらにこの度はご住職からご丁寧な説明をいただきました。

本堂内にはご本尊秘仏薬師如来胎内から発見された約千年前の多量の稲籾や、
その籾から育った稲わらなどが安置されていて、
とても興味深くお話を伺うことができました。

本堂内には多数の御仏達が鎮座していて、
信仰の深さもさることながら、
鎮護国家の道場だったことを再認識させていただきました。

48番 水観寺

水観寺は園城寺(三井寺)の五別所の一つで、
三井寺観音堂のふもと階段下に移築されたものです。

今から約365年ほど前に建てられ、
薬師如来をご本尊とし、日光・月光両菩薩と薬師十二神将がお祀りされています。
寺役さんからー
「あと半分ほど残ってますね、気をつけてお参りください」
と、お声がけいただきました。

ありがたい巡拝でした。
南無薬師瑠璃光如来
合掌

西国薬師巡礼13番~15番

13番 弘川寺

西行法師終焉の寺として有名な南河内の弘川寺ー
ここには西行堂や西行墓があり、

西行の有名な句ー
「願わくば 花の下にて春死なん その如月の望月のころ」

大意はー
もし願いが叶うなら桜の花の咲くその下で死にたいものです。
お釈迦様が亡くなられた旧暦2月の満月のころに・・・

この句碑が桜の大木とともに西行墓の前にありました。

桜のころに是非来たいと思いました。

弘川寺本堂
西行堂
西行法師の墓
『願わくば・・・』の句碑

14番 野中寺

羽曳野市にあるこの寺へは国宝弥勒菩薩を拝観させていただき、
今回は2回目のお参りでした。

野中寺墓地にはー
浄瑠璃などで知られる哀しい恋の物語「お染久松」の墓があり、
縁のある「野崎小唄」に出てくる紅梅も野中寺の境内でひっそりと咲いていました。

境内の紅梅
たちばな

15番 家原寺

堺市にある家原寺は文殊菩薩がとりわけ有名で、
この時期、本堂の周囲には無数の合格祈願タオルが貼られていました。
寺役さんは「まだまだ増えます」と話してくれました。

この街中に三重塔があることに驚かされました。

薬師堂はー
堺市の天然記念物に指定されたヤマモモの巨木の前にありました。

家原寺仁王門
薬師堂の前のヤマモモの木は天然記念物
文殊菩薩が祀られる本堂は合格祈願タオルでいっぱい

ありがたき巡拝でした
南無薬師瑠璃光如来
合掌

お参りありがとうございます

岡田真由美さまのFB投稿を引用させていただきます

数日前、、不動寺ご住職森田先生との出逢いから年月をかけ少しづつ、ゆっくりと寺院を廻ってみようと思いたった私(^_^;)
その出発は、やはり、こちらから参拝👃
心が穏やかになる、この地(笑)(笑)
本日は、先生にお逢い出来ずですが、まずは初めの一歩(^-^)/
心の迷い?迷走?
そんなこんなを年月をかけて自分探しに廻りたいと👃😅👃
何故にか森田先生のimpact?影響?説法?は私には凄く多きな事😅⤴️😅
まずは今出来る事。。

それは今朝の参拝 合掌

お参りありがとうございます

薬師霊場巡礼30~32番巡拝

薬師霊場巡礼30~32番巡拝

30番 多祢寺

舞鶴湾の北側に位置する多禰山(標高556m)にひっそり佇む多祢寺ー
普段の参道は台風の被害を受けて通ることができませんでした。
案内の小さな標識を見落とさなかったので、幸い車で山上まで登ることができました。
みぞれが降る中、ご住職にご朱印をいただくことができました。
この多祢寺の佇まいは、何一つきらびやかなものはなく、
ただただありがたくお参りすることができました。

みぞれが降ってきましたー

31番 総持寺

長浜の街中にあるこの総持寺は牡丹のお寺でもあります。
参道には牡丹のつぼみがピンクに染まっていました。
あまりの暖冬に咲いたのでしょうか。
本尊の薬師如来は平安時代に頭部を「手術」されていて、
「「頭の薬師」「手術の薬師」として有名なのです。

32番 西明寺

西明寺へは国宝の巡拝に続いて2回目となります。
本堂で案内される寺役さんも私を覚えてくれていて、
お袈裟と数珠からみてお坊さんみたいやからと、
いつもは入ることができない内陣にお招きいただき、
十二神将の頭上の私の干支「うさぎ」をライトで照らしながら、
拝ませてくれました。
そのウサギの耳の大きいことにビックリ!!
境内の有名な不断桜は満開でした。

満開の不断桜

ありがたい薬師巡礼でした。

南無薬師瑠璃光如来
合掌

薬師霊場巡礼25~27番巡拝

薬師霊場巡礼25~27番巡拝

25番 達身寺

丹波の里に佇む達身寺はミステリアスなお寺として知られています。
なぜか造りかけのものと思われる仏さまが多数-
またお腹が膨らんだ観音様がいくつもあるー
そのため丹波の正倉院とよばれているのです。
ご住職は「今日初めてのお参りです」と、丁寧な説明をいただきました。

26番 長安寺

お寺の奥さまが「いつもでしたら雪で来ることができませんが、今年は全然降りません」
と、お優しそうなお顔で出迎えていただきました。
また「本堂の龍の天井画を是非ご覧下さい」と薦めていただきました。
眼光鋭い龍は圧巻でした。

27番 天寧寺

200段ぐらいの石段を登ると、
見事な檜皮葺の瑠璃殿が迫ってきます。
自然林を借景にしている二段屋根のその姿に感動を覚えました。

南無薬師瑠璃光如来
合掌

ありがたい薬師巡礼でした。

住職のFacebookをみてお参りくださいました

1月10日お参りただいた岡田真由美さんの投稿から引用させていただきました。

     *

Facebookを拝見させて頂き数ヶ月。。
何故にか先生にお会いしたいと私の勝手な願いに心良くお引き受け下さり今日、お伺いさせて頂き拝礼させて頂きました🤗👃🤗
お会いした瞬間に初めてとは思えない穏やかな😄感じで
私一人、しゃべりまくり(笑)先生には失礼を、、。
このところ心が曇りがちだった私(私でも一応悩んだり落ち込んだりするさぁ)
『心とはね、コロ.コロと回ってるから心なのですよ』
『心が何かに惑わされてたり曇ったりしている時は心がゴロ.ゴロしてる時だから少しづつ、ゆっくりとコロ..コロとね』←その言葉に涙が💦💦

最近、心がゴロゴロだった私。
でも今日、先生にお会いさせて頂き説法を頂戴した私の心はコロ.コロに🤗☀️🤗
写メをと、またまた勝手を言ってみたら気持ち良く🆗を(笑)
挙げ句に先生の著者のご本まで頂戴して(笑)本日に感謝👃👃の日
先生にお会い出来た事
先生のお言葉
先生の説法
何より私の勝手はお願いを心良くお引き受け下さり感謝👃👃しか無いです⤴️

心が晴天の時、曇りの時、どしゃ降りの雨の時
でも、でも、コロ.コロと🤗⤴️🤗ね
↑ 先生に御承諾頂き書いてます。。
また勝手をお願いするかと、、
その際には是非👃貴重なお時間を有り難う御座いましたm(__)m

追伸『靴のかかと』のお話には心が清められました🤗

森田先生、、本当に有り難う御座いましたm(__)m
機会があれば皆様も是非に、、。
私は、またまたお会いしに伺います👃🤗👃
↑私の勝手な願いです(笑)(笑)ー

不動寺本堂
おたすけ地蔵さま
庫裡
ご住職の描かれた真言八祖
森田ご住職
住職ご著書

森田先生、、本当に有り難う御座いましたm(__)m
機会があれば皆様も是非に、、。
私は、またまたお会いしに伺います👃🤗👃

終い不動、納めの護摩焚き法要

令和元年最後の護摩焚き法要祈修致しました。
おかげさまでお天気も回復し、
快晴のなか、皆さま方の来る年の安寧を祈願し、
無事勤めることができました。

終了後、庫裡にて、
栗入り白玉ぜんざいをお接待させていただきました。

南無大日大聖不動明王
合掌

和道副住職の前行
お参りありがとうございます
無心で般若心経をお唱えしました
庫裡で栗入り白玉ぜんざいをお接待
皆さまありがとうございました