四国88ヶ所修業の地高知36~39番巡拝

四国88ヶ所修業の地高知36~39番巡拝

自宅から片道約530㎞の足摺岬を目指して、

36番 青龍寺
37番 岩本寺
38番 金剛福寺
39番 延光寺

4ヶ寺巡拝させていただきました。

途中歩き遍路の方数名と出会いました。
なかには外国の若者も同行二人の金剛杖をつきながらお参りされていました。

やはりこの歩き遍路の皆さんには、
ほんとうに頭が下がるとともに心から合掌しました。

修業の地高知で最も遠くにある札所を巡らせていただいたことに心から感謝いたします。

同行二人
南無大師遍照金剛


また延光寺醫王殿の薬師如来にはー
「難病患者に寄り添い下さい」との願いを込めて読経させていただきました。
ちょうど、目のご不自由な奥様をお連れしたご夫婦が巡拝されていました。
「お気をつけて・・」とお声かけさせていただきました。


ありがたき巡拝でした。
合掌

青龍寺

青龍寺山門
青龍寺参道
青龍寺多宝塔
青龍寺大師堂
青龍寺大師堂

岩本寺

岩本寺山門
岩本寺本堂
岩本寺大師堂
岩本寺境内

金剛福寺

足摺山 金剛福寺
金剛福寺本堂
境内観音像
金剛福寺大師堂
金剛福寺境内
足摺岬灯台
足摺岬展望台から金剛福寺多宝塔を望む

延光寺

延光寺山門
延光寺醫王殿 南無薬師瑠璃光如来
延光寺本堂
延光寺大師堂
目のご不自由な奥様を連れて四国巡拝されていました。
延光寺庭園
延光寺由緒の赤亀

彼岸の入り

彼岸の入り、本堂にてお勤め🙏ー

お彼岸は7日間まん中に中日(春分の日)があります。
お釈迦さまは「彼岸」に至る手段として「中道」を説かれました。
それは彼岸という別の世界があるのではなく、
人の「中道的行為」が彼岸的世界を作るのだということだったのですね。

日本では「中道」を昼と夜の時間(長さ)が同じ春分の日になぞらえ、
前後3日ずつ加えた7日間を「彼岸」として、
偏(かたよ)りやこだわりのないバランスのとれた心で過ごしていますか?
そして「中道的行為」を実践できていますか?と、
自分の生き方を見つめる期間が彼岸なのではないでしょうか。

お彼岸のお墓参りやご先祖まつりはー冥福や感謝はもちろんのこと、
まさに「自分の心と行動が過不足なくバランスのとれた生き方をします」との誓いと確認の行為だと思うのですが・・・。

今日から一週間、自戒を込めー

ご先祖に手を合わせると同時に、
自分の生き方を問われている期間と考えています。

合掌

写真はおたすけ地蔵さまと、寺の片隅に咲いていたバイモユリと白花のビシャコの花です。
ビシャコの花は1㎜ほどの小っちゃい小っちゃい花ですが、
ミツバチ🐝ちゃんはよく知っています。

いつもいいお顔
ビシャコの白花
🐝🐝🐝
柿の木の下で控えめに咲くバイモユリ
バイモユリ

10年前、人生最大の布施

あのときは還暦60歳ー

10年前の今日、人生最大の布施。

嫁に行ったにもかかわらず尼僧になり寺を継いでくれるという娘夫婦が、
近くに家を建てて住んでくれるというので新築資金の一部として贈与を予定していた資金を、
発災4日目、まだ募金体制ができていないなか寄付させていただいた。

時まさにタイガーマスク現象のさなかでした。

子どもたちも気持ちよく理解してくれたのが後押しとなった。

未だに避難困難区域が多く、
たくさんの避難者がいるなか、
マスコミ報道に気づかされ、
3月11日だけ大震災を思い出している自分ではいたくないと自省しています。

いまは古希70歳ー

コロナ禍が過ぎればまた慰霊の旅に出たいと思っています。

2011.3.16朝日新聞記事
2011.3.16毎日新聞記事
岩手日報(3.11)「最後だとわかっていたらなら」(アメリカ人女性ノーマ・コーネット・マレック氏による詩・佐川睦氏日本語訳)の記事

合掌

土寺小屋生の仏画公民館で展示

コロナでしばらくお休みしてる土寺小屋の小屋生さんたちの仏画作品がーーー

副住職の和道さんが主事をしている地元麻生津公民館文化祭で展示されています。

この文化祭も展示のみに縮小されましたが、
展示期間は分散参加を促し一週間延長でした。

皆さん上手に描けましたねー

早く土寺小屋を再開したいですね。。。

甲賀三大仏と薬師如来巡拝

甲賀三大佛ー
 ・大池寺 釈迦如来座像
 ・櫟野寺 薬師如来座像
 ・十楽寺 阿弥陀如来座像

三体とも丈六(立ち上がれば約5メートル)の日本最大級の仏さまに、
東日本大震災から10年目の慰霊に、お逮夜参りをさせていただきました。

そして他の参拝者がおられないこともあり、それぞれ三ヶ寺にお祀りされている薬師如来さまに「難病患者に寄り添い下さい」と、経を上げご祈念させていただくことができました。

大池寺は釈迦如来大佛もさることながら、小堀遠州作の蓬莱庭園がとりわけ有名で、奥様が座敷のガラス戸をすべて開け放ってくださり、お抹茶のお接待までいただくことができました。

また、十楽寺でもは奥様からとても丁寧な諸仏のご説明をいただきました。
紀州の田舎寺の住職であることをお話しすると
お土産まで持たせてくれました。

本堂内の写真撮影の許可も下さり、ありがたい限りでした。

十楽寺は摩耶夫人のお寺としても有名で、
日本に2体しかないといわれる、お釈迦様が母摩耶夫人の脇から生まれ出る像(重要文化財)もお祀りされていました。

ありがたくも感慨深い巡拝でした。

南無釈迦牟尼佛
南無薬師瑠璃光如来
南無阿弥陀佛

合掌

大池寺

大池寺全景
大池寺正面
ご本尊釈迦如来座像
大池寺ご本尊釈迦如来座像
平成になってからお祀りされている薬師如来
奥様が私のためにガラス戸を開け放ってくれました。
蓬莱庭園(小堀遠州作)
可愛いお干菓子とお抹茶のお接待ー感謝

櫟野寺

櫟野寺参道
櫟野寺山門前千体佛
櫟野寺本堂
薬師如来丈六大佛(写真集より)

十楽寺

十楽寺山門
十楽寺境内
十楽寺本尊丈六の阿弥陀如来座像
十楽寺の薬師如来
十楽寺の奥様にご親切にしていただきました。
摩耶夫人釈迦誕生像(右脇から誕生する釈尊)
三大佛ご朱印
甲賀三大佛めぐり

東日本大震災から10年

東日本大震災から10年を迎えメディアでは特別番組が報道されています。

そんななかー

JPA(日本難病・疾病団体協議会)が2013年から実施してきた「福島を肌で感じるツアー」の立派な記録誌が届きました。

謹んで私のコラムを掲載させていただきます。

編集スタッフのご努力に心から感謝申し上げます。

合掌

 2011年3月11日、東日本大震災発災のテレビ報道で閖上浜から大津波が仙台空港に押し寄せるのを見て、東北大学病院に入院するため生後二ヶ月の難病の子どもを抱いて仙台空港に降り立ったときのことが脳裏をよぎりました。
 「この子は半年の命」と言われた子どもが5歳まで生きられたのは仙台で3度の手術をしていただいたおかげでした。なにがしかのお手伝いをしたいと思い震災翌日心ばかり寄付はしたものの、慰霊の気持ちはあっても現地に足を運ぶことはできませんでした。
 というのは子どもが亡くなった後、妻をガンで亡くし、再婚した後添えの妻はパーキンソン病の診断を受け、看病と介護の日々が大震災以前から約10年続いていたのです。
 JPAが主催するこのツアーが2013年から行われていたことは知っていたのですが、結局私が参加できたのは第6回目ツアーでした。
 いまだ放射線量の高い川俣町や浪江町を通り、延々と築かれた復興護岸堤防の閖上浜に到着したとき、数え切れない犠牲者の名前が刻まれた慰霊碑が目に入ってきました。
 私は近くの日和山に登り卒塔婆が建てられた山上で、多くの御霊に対し「遅くなって申し訳ありませんでした」との思いで真心こめて理趣経、般若心経を読経させていただきました。
 そのとき私の脳裏には突然巨大津波に襲われ人の力で何一つあらがうことのできない状況で苦しむ人々の命の絶叫が絶え間なく現れては消え、消えては現れるのです。読経しながら坊主として泣いてはいけないと思いながらも辛い胸の痛みは、5歳の子どもと二人の妻を亡くした私の過去とも重なり、涙を抑えることができませんでした。
森田良恒

住職著書3冊、関東で常備配本

田舎坊主シリーズ3冊

 ・田舎坊主の求不得苦(2013年)
 ・田舎坊主の七転八倒(2015年)
 ・田舎坊主の闘病日記(2019年)

関東地区と関西の一部書店での3年間常備配本が決まりました。

一年ごとに書店が変わります。。。

合掌

関東地区と関西一部書店で常備配本

2月の護摩焚き法要無魔勤修

2月の護摩焚き法要無魔勤修致しました。

朝は冬空の寒さが身にしみたのですが、
幸い午後には日差しの温もりが感じられるなかー

皆さま方の安寧とコロナ終息疫病退散を至心祈願させていただきました。

南無大日大聖不動明王
合掌

また遠くからお参りいただいた宇衛さんご夫妻からー
副住職や子どもたちにお土産まで頂戴致しました。

ありがとうございました。
感謝、拝

🙏

古希になって感じるデジタル

古希になって感じるデジタルのこと
(長文なので読まなくていいです)

昭和48年(1973年)高野山大学を卒業しイヤイヤ寺を継ぐことになって寺で生きていけるようにするため先ずとりかかったのは、過去帳の整理と過去帳更新作業でした。

というのも父親(役場勤め兼業坊主)から役場に勤めるか先生を兼業して寺をやればいいと言われたのがいやで、坊主だけでやっていく手段として「日行参り」を始めようと思ったのです。

日行参りをするには少なくとも50回忌までの檀家さんの戒名と命日を日にち毎の順番に書き出す必要がありました。

そのため約10冊(1万余の戒名)から1月1日~12月31日まで書き出すのです。この作業をするついでとして過去帳を新しく書き写すということにしたのです。約一年気の遠くなるような作業を延々と行い、昭和49年過去帳の新調と命日の整理が完成し、「あしたご命日なのでお参りさせていただいていいですか?」と毎日アポ電を入れ日行を始めたのです。

日行参りは50回忌が済めば終了とし、当然新しいご先祖が増えると日行も始まります。なので日行参り表は常に更新する必要があります。
5年ほど経った頃、ちょうどパーソナルワープロという便利な物が登場してきたのです。これに過去帳を保存していくのですが、当時の5インチの大きなフロッピーに保存しても何枚も必要です。それでも10冊の過去帳に比べればはるかに編集が簡単でコンパクトにまとめられることに助けられました。

その後何台もワープロを乗り換え便利さも向上していったのですが、3年ほどしてパーソナルコンピュータが出始めてきました。始めて買ったパソコンはシャープMZ-80Bというものでした。独学でプログラムを書き何回徹夜したか、あの頃がとても懐かしく思い出されます。でも仕事というよりはゲーム感覚で遊んでいたように思います。

そこで当時出始めたNECのPC-8001に乗り換え、ここから完全に寺の過去帳はパソコンに移行することになりました。3.5インチのフロッピーでもかさばると感じるようになった頃出始めた外付けのハードディスクは容量40MBで食パンほどの大きさがありました。40MBといえば現在ではデジタル写真10枚くらいの容量ですが、それでも便利さに驚かされたものです。

昭和59年(1984年)から役場から請われ地元公民館で働くことになったときには使い古しのワープロをフル活用してすべての業務をこなすことに役立ってくれました。

公民館長をしながら昭和61年(1986年)から智弁学園和歌山校に講師として約7年間勤務する間も授業資料やテスト作成にPCは欠かせなくなりました。

ちなみにこの時点で「役場勤めも学校の先生もイヤや!」と言ってたにもかかわらず両方とも経験するのでした。(笑)

さて平成5年(1993年)から役場の那賀町教育委員会に招かれ約7年間勤務するのですが、この間ノートPCを役場で使っていた人はほとんどなく私がノートPCに向かっていると上司から「パソコンで遊んでる」と言われたものでした。
しかし多くの若い職員は私にパソコンの使い方を興味深く教えてほしいと寄ってきてくれました。

ある職員から消費税変更にともない「営業ゴミの持ち込み料に消費税をパソコンに組み込んでほしい」という依頼があり、汎用ソフトで消費税計算フォームを作成したこともあります。
今から考えると私の作ったソフトを公用PCに簡単に組み込めたというのも、自由な時代だったんだなあと感慨深いものがあります。
またこの頃からノートPCに現在ではあたりまえのカラーディスプレイが出回るようになってきたのは衝撃でした。

以来、「デジタル」という言葉が普及し、知ると知らざるに関わらず、使う使えないにかかわらず身の回りにはデジタルがあふれています。

古希になっても、日々寺務や患者会だけではなく、一人住まいになった今ではSNSでの交流などに役に立ち、デジタルを怖いと思わないことにありがたく対応できているのは、とりもなおさずお寺だけで生きていくと48年前に決めた「日行参り」が大きなきっかけだったのですね。

ただ、デジタル多用で衰えていく部分がたくさんあることも心しなければならないと、つくづく考える今日古希の誕生日なのです。
なので、これからもしっかり寺めぐりしい・・・と、子どもたちがmont-bellのウォーキングポールとシューズをプレゼントしてくれました。

長文お読みいただき感謝申し上げます。

2021年2月22日 PM2:22 気温22度
不動坊 良恒
合掌

2月22日 PM2:22 気温22度

星供養

★★★★★★★
皆さまの今年がよき星に恵まれますようー
星供養勤行相勤めさせていただきました。
★★★★★★★

難病患者に寄り添って下さいとの願いを込めて建立した「おたすけ地蔵」は今年15年を迎えます。
本来お地蔵さまの持物ではない「薬壺」を持ち、
常に患者に寄り添い病気快癒を今日も祈り続けて下さいます。

南無大日大聖不動明王

南無おたすけ地蔵尊

合掌

薬壺をもつおたすけ地蔵尊

初不動WEB法話

今年の初不動は護摩焚き法要だけになり法話もできなかったのですが、ある方から、今年も法話を聞きたかったとお話がありました。

なのでこの場でWEB法話させていただきます。

   *

ある老僧の言葉ー

私が坊主になりたくないと思いながらも仕方なく小坊主していたころ、ある老僧に「お経って何ですか?」と聞いたことがあります。
老僧は「お経は祈りじゃ」と即答してくれました。さらに「お経は特効薬でも神医者でもない。お経が祈りである限り祈っているときに出る言葉や思いがお経そのものじゃ」と。

坊主になってから多くの僧侶の方々と関わってきたけれど、なかには形や正確さだけに囚われている方もおられました。
とりわけお付き合いしたくないと思ったのは、いわゆる「拝み屋さん」もどき坊さんです。

老僧が健在なら「そんな坊主、髪を剃って心を剃らずじゃなあ」と笑っておられると思います。

コロナ禍のいまー

多くの神社仏閣は「祈り」の具現化として建てられてきました。
なかでも薬師如来を本尊とする寺院は多くは「流行病(はやりやまい)を封じて下さい」との祈りを込めて建てられました。
ちなみに祇園祭など有名なお祭りも同様の趣旨で始まったものがたくさんあります。治療薬もないコロナ禍のいま、かつての祈りの形は寺院建立からワクチン製造に変わっていますが、「流行病(はやりやまい)を封じて下さい」との祈りは今も昔も変わることはないでしょう。

さてー

私たちは往々にして「病気を治してくれる霊験あらたかなお寺」などといいます。
でもそれはあやまりです。

全国各地にある薬師如来をお祀りする寺院は、そのお寺そのものが祈り続けているのです。
薬師如来さまが祈り続けているのです。

もしそこにお参りして病気が治ったのなら、それはあなたの祈りがあらたかであったからこそ祈りの力がお経となり治ったのでしょう。

かつての老僧はこういうことを私に伝えたかったのではないでしょうか。

祈り続けるー

私にとって大切な方が昨年難病の診断を受けました。
亡妻も私もとてもお世話になった方です。
進行がはやく両手が固縮しPEGもストマも設置されています。
28日に護摩祈祷のお札を持参すると両手固縮のため両腕にそのお札を抱きしめられました。

私は固まった両手をさすりながら「ごめんな、祈ることぐらいしかできず、こんなことしかできずごめんな」と詰まる思いを抑え、ベッドに向かう後ろ姿を見送って帰宅しました。

難病と関わって48年にもなるのに、なんの力にもなれない無力感にさいなまれています。

それでもー

自坊大日大聖不動明王ご宝前で祈り、各地の薬師瑠璃光如来ご宝前での祈りを続けていこうと思います。

私にはそれしかできないのですから・・・。
それが私の使命なのですから・・・。

法話というより所感となりました。悪しからず。。。

令和3年1月30日

不動坊 良恒

合掌

慰霊塔移設工事始まりました

約20年間、多くの町民が見守られ、安楽浄土へ導かれた 旧那賀町斎場での六地蔵尊と、常に御霊を護り続けた「慰霊塔」が不動寺に移設されることになりました。

今般、慰霊塔の移設工事が始まりました。

移設されるこの慰霊塔には小さな納骨堂も設けられます。

桜下慰霊塔となります。
斎場にあった慰霊塔

かつての慰霊塔よりは規模は小さくなります。

紀の川市那賀斎場抜魂法要

平成11年に竣工した紀の川市那賀斎場は、
当時私が役場に在籍していたこともあり、
計画段階から数々の助言を求められました。

祭壇の仕様、本尊掛け軸、焼香台その他さまざまな意見を求められ、
さらには斎場職員の作法、動作、言葉、態度などをマニュアル手順書として作成しました。

また同時に建設された慰霊堂の「慰霊塔」という石盤の揮毫も依頼されたのです。
私自身かなり深く関わった斎場も広域行政および財政的な問題から廃止が決まり、本日その斎場の抜魂法要が執り行われました。

これに伴い、約20年間多くの町内物故者が見護られ安楽浄土へ導かれた六地蔵尊と慰霊塔は、自坊不動寺に移転遷座されることになりました。

ここで火葬に付された約4千余の御霊は、不動寺にて引き続き六地蔵尊と慰霊塔に見護られることになります。

合掌

薬師寺と釈迦堂大祭中止につき読経のみのお勤め

例年5月5日に兼務寺の薬師寺と釈迦堂の大祭が執行されるのですが、
コロナウイルス自粛のため本年は中止になりました。

そこで、それぞれのお堂前にて、疫病退散、諸人安寧を祈念して、
読経のみのお勤めを行いました。

南無薬師瑠璃光如来
南無釈迦如来

合掌

薬師寺

薬師寺
眼病にご利益があると伝えられ、
見通しがよくなるように穴のあいた小石が蔀戸に供えられています。

釈迦堂


合掌

人の最期に関わるお仕事

先日のFM放送「ラジオ寺子屋・高野山」でのインタビューのなかでー

『枕経を唱えたあと故人の額に手を当て、ご遺族に聞こえないくらいの声で、“よくがんばりましたね”と話しかけます。』
という私の話を聞いて、
かつて葬祭関係のお仕事をされていて、
その後体調を崩されたことなどもあって離職された方から、

「先生のお話を聞いて、もう一度葬祭の仕事に復帰することを決めました。
今まで百人以上の故人様を見送ってきましたが、
果たして私は故人様の最後の時をかけがえの無いものと出来ていたのだろうか?
先生のインタビューを聞き自問し、そして今一度、故人様に向き合っていこうと思ったのです。私に進むべき道を教え頂いたのかもしれません。
そして私なりに故人様、御遺族様にとり最後となる言葉をかけていきたいと思います。
身体がどこまでもつのか正直、不安です。だけど先生のお言葉のように最後の時を私なりに迎えていけたらと思います。」
と、メッセージをいただきました。

人の最期に関わるお仕事はとても重要で尊いものです。

以前「おくりびと」という映画がありました。
人が生まれ、赤ちゃんから日々成長し、やがて小中高大学で学業を成し、就職・結婚・子育てなどを経て子どもの成長とともに老いを迎えます。
その人生にどれだけの悩み、苦しみ、苦痛、喜び、楽しみを経験したことでしょう。
そしてどれだけ多くの愛情を周囲に注いできたのか計り知れません。

その最期を温かく、美しく、感謝と労いを込めて整え荘厳していただくのが葬祭に関わる方のお仕事です。

メッセージをいただいた方はそれまでにも丁寧に勤められていたと思います。
私のお話しが、あらためてその大切なお仕事に戻られようと決心をされるきっかけになったのなら、
このインタビュー放送も無駄ではなかったのでしょうか。

どうか体調には十分注意してお仕事されることを願うばかりです。

合掌

タイムラインにこの写真をアップしたのはー

空あり、山あり、川あり、花あり。
人生を現しているように思ったからです。

  空は爽やかな青空もあれば、曇天にもなります・・・
  山は四季折々に表情を変えます・・・
  川は清流もあれば、濁流にもなります・・・
  花は咲くときもあれば、やがて散ってしまいます・・・

まさに人生はその人の心も環境も多彩な変化の連続かもしれません。
なかでも多くの人は「苦」の時を乗り越え、
人生の幕を閉じるのです。

「苦」は「にがい」とも読みます。
その文字の成り立ちのように、苦くて乾ききった味のない草を食べたことが多い人ほど、温かい味のある人なのかもしれません。
そしてそのDNAはご遺族に受け継がれるのでしょう。

私は枕経の最後に故人の額に手を当てー
「ようがんばりましたね」と語りかけて経を閉じるのです。

(写真は薬師巡礼で通りかかった由良川沿い)