羊羹(ようかん)から生まれる感謝のこころ-

ご馳走いただいて考えた――
羊羹(ようかん)から生まれる感謝のこころ-

「羊羹」の字の中には羊が3匹いるの知っていますか?
「羹」という字は「羊」を下から「炎」で炊いてる「羔(こう)」と、その「羊」は「大」きいものという「美」という字で成り立っています。

「羹」は「あつもの」と読みます。
高野山などでは、タケノコやお豆や椎茸や人参など旬のものを炊いた煮物を「旬羹(しゅんかん)」といいます。
「あつもの」と読むとおり、元々は「羊を炊いたもの」だったんです。
シルクロードなどで羊の腸や頭などを一緒に煮たものが「羊羹」だったんですね。
(昔、シルクロードで食べた「羊羹」の写真)

これが羊羹

これがシルクロード~中国~朝鮮半島、そしてやがて大豆文化の日本に入ってくると「小豆」を煮たものへと変化したのでしょうね。
いずれにしても栄養価が高く、高価な食べ物でもあるということです。

ちなみにシルクロードでは羊は欠かせない動物です。
 シルクロードでも夜は氷点下に下がり、羊の毛は温かく人を包んでくれます。
 羊毛をウール生地に仕上げるときに化粧水ができます。
 羊肉はおいしく、食べて命を養うので「羊」+「食」で「養」となります。
 羊皮は火吹き鞴(ふいご)となり、カシュガルなどの刃物作りに欠かせません。
 羊皮を一頭分まるごと使い、四つ並べて羊皮(ヤンピー)船になります。
(少年の乗った羊皮船ー写真)

羊皮船


 人が亡くなったら羊一頭を長い木に吊り下げてお墓にお供え(供養)します。
(お墓に木に吊り下げられ供えられた羊の写真)

干からびた羊が木につるされて供養

さらに漢字文化圏に「羊」が入ってくると、羊にどれだけ助けられたかを現すようにいい意味の漢字に使われました。
「養」ーやしなう
「祥」ーさち
「美」ーうつくしい
「善」ーよい
「鮮」ーあざやか
「義」ーよし

それにしても、羊にとっては災難です。
(シルクロードで最高のもてなし、羊の丸焼きー写真)

新鮮さをアピールするように草をくわえさせている。

羊に限らず、私たちは生きたかった動物たちの息の根を止め、
その命を奪って食べ、
それを自分の命に置き換えているのです。

昔からこの有りように感謝を感じていたからこそ、
「(命を)いただきます」と手を合わせる慣習が生まれたのでしょう。
「命」という字の源をたどれば「喰らう」ということです。

日々食べられることがどれだけありがたいことであり、
感謝しているのか自らに問いかけながら、
このコロナ禍、自粛生活を送りたいと思います。

合掌

「疫病退散」祈願の護摩焚き法要

護摩焚き法要と土寺小屋を開催しました。

今回は新型コロナウイルスの蔓延で全国的にすべての活動が自粛されるなか、
不動寺では「疫病退散 諸人安寧」を祈願して小屋生とともに懇ろに護摩焚き法要を勤めました。
土寺小屋では住職が「人類は感染症との戦い」という講話をさせていただきました。

辻和道副住職の前行
御弥津はFBフレンドあやさんから届いたシフォンケーキ
皆さんでいただきました。。。

3.11 あれから9年

--あれから9年--再掲
  (長文なので読まなくていいですよ😄)

9年前のきょうは東北の人たちも「あたりまえで普通」の一日でした。

でも翌日、大地震と巨大津波が発生し、全てを根こそぎ奪ってしまいました。
家を流され、職場を流され、日用生活品を流され、ふるさとを流され、家族を流されました。
東北の方たちが努力の末、得てきたもの全てが無に帰してしまいました。
助かった人は文字どおり「命からがら着の身着のまま」で、
残ったのは命だけという人がほとんどでした。

大震災前日に新築に引っ越したという若いご夫婦が、コンクリートの基礎だけ残ったその場所を指さしながら、
「ここが両親の部屋だった」と、泣き崩れながらも、
「家族が助かっただけでもありがたい」と、話していたのが印象的でした。
あの大震災において、奇跡的に助かった人たちの話は数多くありますが、同時に自然の驚異にただただ驚愕することばかりでした。

しかし、あんな絶望の淵になんとか踏みとどまった人たちの口から出る言葉は、
「命があっただけで、しあわせです」

そして、家族が見つかったとき、
「生きててよかった。それだけで充分です」という人もいました。

寒い避難所に一杯の温かい飲み物や食べ物が差し入れられれば、
「本当にありがたいです」と話しているのです。
そして、
「まだ見つからない人も多いなかで、これ以上のことは贅沢です」とも話されていました。
当初、避難所にいる被災者から聞こえてくるのはー
「感謝です」「ありがたいです」という言葉であふれていました。

ある避難所にいた中学1年生くらいの女の子が、

「今までどれだけしあわせだったか、はじめて気が付きました」

と話していたことが、私の脳裏から離れなかったことを思い出します。

ひるがえって、大震災を経験していない私は、毎日温かいご飯やお味噌汁をいただいています。
果たして、その温かいご飯やお味噌汁に「ああ、ありがたい」と深く感謝をしていただいているだろうか、
大きなおかげを感じているだろうか。
そして今、「あたりまえで普通」の生活がどれだけ幸せなことかと感じているだろうか。
毎日、不平と不満の言葉を繰り返していないだろうか。

あのときほど、
「あたりまえ」と思って生活している環境が、
人間の心を「感謝」や「お陰さま」から遠ざけてしまっているのだと感じたことはなかったように思うのです。

せめて時々「あたりまえ」に手を合わせ、「普通」に感謝したいものですね。

もうすぐお彼岸ですね。

南無大師遍照金剛
合掌

2月の土寺小屋

きょうの土寺小屋は、
地元の麻生津公民館文化祭に出展する写仏作品を仕上げます。
辻和道副住職は公民館の主事でもあり、
一昨年から出展させてもらっています。
本降りの雨の中、小屋生は仕上げに熱が入っていました。

なお、御弥津は焼き餅ぜんざいでした。

あす28日は初不動大祭、今日はお餅つき

あす28日は初不動大祭、今日はお餅つきー

あす28日
 ・午後2時からご詠歌法要
 ・法話とぜんざいお接待
 ・護摩焚き法要
 ・お餅投げ

皆さまの安寧を祈願して、
初不動とおたすけ地蔵尊もあわせて法要勤めます。

南無大日大聖不動明王
南無おたすけ地蔵尊
南無大師遍照金剛

合掌

お参りをお待ちしています。

終い不動、納めの護摩焚き法要

令和元年最後の護摩焚き法要祈修致しました。
おかげさまでお天気も回復し、
快晴のなか、皆さま方の来る年の安寧を祈願し、
無事勤めることができました。

終了後、庫裡にて、
栗入り白玉ぜんざいをお接待させていただきました。

南無大日大聖不動明王
合掌

和道副住職の前行
お参りありがとうございます
無心で般若心経をお唱えしました
庫裡で栗入り白玉ぜんざいをお接待
皆さまありがとうございました

我が家のアロエ様 あなたは、えらい!

ほとんど土のない石垣の隙間でこんなに大きくなり

主人の手から一滴の水を与えられることもなく

ましてや一粒の肥料も与えられることもなく

夏には灼熱の太陽とブロックの熱に負けることなく

冬にはたとえ氷点下になり

その身は凍てついても絶えることなく

40年以上この味気ない場所を住処として生き続け

子株を増やし続けてきました

アロエ様 あなたは、えらい!

自ら生き続けるだけではなく

あなたは何度、火傷の薬として人の役に立ったことでしょう

きのう私が手を火傷したときも

傷口を包み込み、痛みを消し、水疱も作らせず

たった1日で大きめの傷テープ一枚だけですむような

そんな小難に抑えてくれました

夏も冬も自然の厳しさに耐え

与えられるものが何一つなくても

文句一つ言わず日々生き続け

周囲に火傷をした人があれば

手当薬として人の役に立ち

お礼の肥料を求めようともしない

それどころか毎年花を咲かせ

人の目や心を癒やしてくれます

    * 

アロエの友人たちは

あるときは化粧品などとなり

あるときは胃腸薬となり

あるときはヨーグルトの栄養となり

ただただ他のために生き続ける

アロエ様 あなたは、えらい!

私はそんなアロエに・・・
あっ、いやっ・・・

そんな人に、私は、なりたい。。。

令和元年師走 
森田良恒

西国三十三所霊場巡拝満願成就

高野山奥の院でー
西国三十三ヶ所観音霊場満願のご朱印いただき、
無事成満致しました。

一の橋から往復を歩き、
訳あって20年越しでの満願成就に、
御廟前でお礼の理趣経をあげ、
帰山いたしました。

南無大師遍照金剛
合掌

帰りは、みやま食堂で精進料理をいただきました。

この次はー
病に苦しむ人々の心の安寧を願い
西国四十九所薬師如来霊場を巡拝いたします。

合掌

護摩焚き法要と土寺小屋

本堂裏のザクロは爆ぜ、階段の多肉植物は開花直前の不動寺ー
皆さまの安寧を祈願し、
護摩焚き法要無事勤めさせていただきました。

土寺小屋では写仏でワイワイ~
御弥津は副住職手づくりの干しぶどう入りスイートポテトでした。。。
合掌

本堂裏のザクロ
階段の多肉植物
秋のお供え物
護摩焚き法要はみんなでお唱えしました。
干しぶどう入りスイートポテト
「御弥津大好き~」
「むつかしい写仏は苦手~」
「これやったら描ける~?」
「これ見て~」

にぎやかな護摩と土寺小屋でした。
合掌

護摩焚き法要

きょうの護摩焚き

九州地方の大雨被害がこれ以上大きくならないように、
そして皆さまの安寧を祈願して心込めて護摩を焚きました。
合掌

百日紅が満開の境内
心込めて般若心経をお唱えしました
きょうの護摩焚きの御弥津ー
葛まんじゅう作ったけど、かたちがヘンテコ。。。
形がいいのはこれだけ。。。
美味しいそうです。。。
和道副住職もお相伴にあずかりました。

護摩焚き法要勤めました

今日の護摩焚きー

私の病気(腸腰筋膿瘍)を見つけてくださったN先生が、
退院以来、4年ぶりにわざわざお寺へ訪ねてきてくれました。
N先生のことは前著『田舎坊主の七転八倒』(2015年出版)に、
『患者になって身をもって医に仁術を具える医師に出会うことができました』と書かせていただいた素晴らしい先生で、私のことはもちろんのこと、当時肺炎で救急入院した妻のことまで親身になって相談にのっていただいた医師です。

私服で来られた先生は、病院で見るよりずいぶんお若く見えました。
その先生がー
「9年間ガンで患っていた妻が亡くなりました。お葬式は済ませたのですが、森田さんに色々教えていただきたいのです。」と言うではありませんか。
私は驚きとともに、当時私を診ているときも、妻の転院について相談にのってくれているときも、お家では小さなお子さんを見ながら奥さまの看病をなさっておられたのでしょう。

医師として患者を診るのはお仕事であれば当然かもしれません。
でも、常に奥さまのそばにいて診たいであろうお気持ちを抑えながら、病院では私のわがままを親身になって聞いてくれていたことに、今さらながら胸が熱くなりました。

それとともに、辛い思いを経験されているからこそ患者に寄り添える素晴らしい先生なのだと改めて感じました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
きょうは皆さまの安寧を祈願し、心込めて護摩を焚きました。

そして、こみ上げる思いを抑えながらN先生の奥さまの黄泉の初月忌が平安なることを祈念させていただきました。

南無大日大聖不動明王
南無大師遍照金剛
合掌

心込めて。。。
藤原あやさんから送っていただいたマカロンをお接待。
「おいしいなあ。。。」
「抹茶マカロン」
はじめて食べた。。。
護摩の法煙に燻されたあとは、格別の味やった。。。
お世話になったN先生のことを書いたー
『田舎坊主の七転八倒』(2015年出版)の
「医は仁術」の章。。。

土寺小屋と護摩焚き

新しき元号にも皆さまが平和であり、健康でありますようにー安寧を祈願して護摩を焚きました。
   *
きょうは土寺小屋の日で、写仏教室でした。
御弥津は副住職手づくりのーゴマ豆腐の黒蜜きな粉がけ…でした。

ありがたや 不動のまもり 瑞宝山
和道副住職が護摩前行
ありがたき法炎
土寺小屋
御弥津は副住職手づくりのゴマ豆腐
黒蜜きな粉がけ
写仏教室
写仏教室

土寺小屋で春の遠足ー

今年も高野山へ。。。
純令がご詠歌舞踊を奉納する高野山大師教会での全国奉詠舞大会にあわせて、
遠足、遠足🚶🚶🚶
お昼は無量光院で美味しい精進料理をいただき、
そのあとは~
みんなが行ったことのない女人堂と徳川家霊台を観光しました。。。
車の中・・・・にぎやかで楽しかった!!!

純令の奉納詠舞
高野山大師教会
和道副住職と純令
無量光院ー
本堂が立派になっていた。。。
美味しい精進料理
若き修行僧にお給仕していただきました。。。
女人堂
明治の初めまで女性はこれ以上山内には入れませんでした。
徳川家霊台山門
かつては大徳院というお寺の境内でした。。。
向かって右に家康霊屋
向かって左に秀忠霊屋