トップページへ        土寺小屋で数珠作り 
TOP

田舎坊主のページへ 寺の歴史 所在地マップ お知らせ
御弥津 お写経 数珠作り 心経講話 寄り道講話
数珠つくり
2011年11月26日(土)

6年ぶりに高野山から中前好史さんに来て頂き、
数珠作りを体験しました。

数珠の種類も増えました。腕輪念珠も作りました。

中前先生から
数珠作りに入る前に今の自分の心を確かめるようにお話しがありました。
中学生のときの楽しかったこと
小学生のときのうれしかったこと
生まれたときの自分を・・・・
それは、みんなが祝福してくれたであろうこと
そして、感謝や反省を心に抱きながら・・・・
般若心経をお唱えします。

高野山から看板を! 中前先生のご指導 中前先生のお導きで!
土寺の生徒たち 熱心にお話を聞きます 「心を磨くのです」
「そうそう・・・」 「磨けてるかなア?」 早い者勝ちじゃない!
ひたすら心を丸く・・・ 「良いことをされてるから よく磨けていますね!」
ひもは通せても・・・ 組ひもは助け合いです 「どの色にしますか?」

片手数珠を作る人、腕輪念珠を作る人、両方作る人、
大切なところは、母種をみがくところ。
難しいところは、組ひも。
この難しい組ひもは、助け合いながら作り合います。
相互礼拝・相互供養を学ぶのでしょう。
ありがとうございました。

2005年10月22日(土)の数珠作りのようす



高野山から建具師で数珠細工師の中前好史さんをお迎えし、
数珠づくりを体験しました。
作るのは片手で持つ数珠ですが、ほとんどはキットにしてくれていて
だれでも作れるようになっています。
最も大切な「親玉」の磨きの工程は、心を丸く、
自らの荒れた心の部分を磨くように、紙ヤスリをかけます。
できあがった数珠の房通しの部分には
自分の守り本尊の種字が梵字で焼き込まれました。
 
自分だけの数珠
中前先生の指導を受けて!

心を込めて磨きます!





仏事(中陰、位牌、仏壇、納骨など)について

住職の著書です

田舎坊主シリーズ第4弾
「田舎坊主の七転八倒」


発売中!

(C)瑞宝山不動寺. All Rights Reserved.