護摩焚き

不動寺が建立されたのは慶長6年(1601年)開山と伝えられています。
約310年ほど前には本堂が焼失します。
その後、宝永3年(1706年)、 今から312年前に本堂が再建されました。
この年は、粉河寺の山門が建立される前年のことです。

不動寺の護摩壇は、
寛政5年(1793年)、住職宥全の代に寄進されました。
その後、大戦時中に鉄製の護摩釜は供出され、
以降護摩釜が据えられることがありませんでした。
平成23年12月22日に修復出来しました。

現在、毎月28日(8月を除く)護摩焚き法要を行っています。
次回開催はお知らせをご覧ください。
護摩焚き法要の様子は住職ブログをご覧ください。

護摩壇の大修復

  

護摩壇の横ハメ板の裏には「寛政5年霜月」の墨筆がありました。

この年には「寛政地震」とよばれる三陸沖地震が発生しています。

  

  護摩天蓋がつり上げられる。

  

  護摩天蓋と瓔珞。

  

  護摩天蓋の鳳凰の飾彫り

  

  ステンレス製の護摩釜プレート

  

  六器や護摩法具も揃いました。

  

  新品同様に修復された護摩壇。ほとんどの仏具も磨きなおされました。


70年ぶりの護摩焚き法要

  行者は辻和道副住職です。

  

  祈願は東日本大震災被災者を慰霊

  

  あわせて、台風12号災害被災者の慰霊をします。

  

  本堂の周囲には約40人の参拝者が熱心に秘法に見入りました

  

  護摩法要終了後、護摩のぬくもりを身体にあて、息災を祈願します。

  

  辻和道副住職は最後まで祈念しました。


 
このエントリーをはてなブックマークに追加