台風21号被害の桜の手入れ

台風21号で被害を受けた境内の桜を副住職和道さんと純令が枝払いを行いました。

桜を切れば枯れるといいますが、

ご近所さんに落ち葉で迷惑をかけるため、

15年前ほとんどの枝を切りましたが枯れることもなく全面的に復活し、

巨大な大木に戻ってしまいました。

これで当分、ご近所さんに迷惑をかけることもないでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です