青洲音頭作詞・作曲:田舎坊主  

青洲音頭

        

世界で初めて麻酔薬「通仙散」を発明し、全身麻酔による乳がん手術に成功した医聖華岡青洲をたたえ、
田舎坊主が作詞作曲しました。

            

            

            
   和歌山マリ-ナシティーで開催された「世界リゾート博覧会」や、紀南田辺市で開催された
 「南紀熊野体験博」で発表されました。
 華岡青洲生誕地である那賀町(現在の紀の川市)からCD化されました。
      (那賀町が町村合併で紀の川市に統合されたため、すでに廃盤になっています。)

            
                     <2005年の新聞記事>

 下の<青洲音頭>をクリックして下さい。視聴できます。

               青洲音頭
                                 曲・詩 森田良恒
                                 唄  綾野美紀

一.紀州 紀ノ川平山は 諸国東西へだてなく 
  青洲慕う人の波 医の先人は穏やかに
  未来を拓す 未来を拓す ああ春林軒

(はやし)ヨイヤソレ ヨイヤソレ シャシャントシャン
      青洲音頭で シャン シャン シャン

二.世に礎(いしずえ)数あれど 我が身ためせと母と妻
  たとえ瞳光(ひかり)は消えたとて なんで惜しかろ悲しかろ
  愛が支えた 愛が支えた ああ通仙散
  (はやし繰り返し)

三.やまい苦しむ人のため 薬草極め麻酔薬
  これぞ医の道 医のもとい 世に先駆けのメスを持つ
  生命(いのち)燃やせし 生命燃やせし ああマンダラゲ
  (はやし繰り返し)

四.海山越えて名声は 医学の道を切り拓く
  世界の偉業 麻酔術 咲かせ華岡青洲よ
  咲かせ華岡 咲かせ華岡 ああ青洲よ
  (はやし繰り返し)

五.今も新らし 知恵と技 真(まこと)の人の範示す
  我が那賀町の誇りなり 医聖 華岡ここにあり
  永久にたたえよ 永久にたたえよ ああ青洲よ
  (はやし繰り返し)




                           



田舎坊主シリーズ第4弾
「田舎坊主の七転八倒」


発売中!



(C)瑞宝山不動寺. All Rights Reserved.