トップページへ       追善夜桜写真集    和歌山県紀の川市北涌
TOP 田舎坊主のページへ 寺の歴史 所在地マップ お知らせ

夜桜花見へ

追善夜桜

始まりは平成8年の花見
 平成八年四月六日、自坊不動寺の小さな境内にある一本の桜の下で、
非常勤勤務していた役場の職員や友人十五名ほどに呼びかけ、
夜桜の宴席を計画した。
 この時の桜は、満開に見えるものの花も堅く、八分咲きといったところだ。
庫裡から電源をとり、100wの電球三個を桜の木にぶら下げた。
日暮れとともに手作りの簡素な夜間照明はその雰囲気を盛り上げ、
遅れてやってきた職員からも、
「紀ノ川の橋から見ると、寺の桜が浮かび上がってきれいだった」と、
賛嘆の言葉が返ってきたほどだ。
 宴会が始まると、夜桜とはいいながら、桜の花ではなく、
ほとんど四月の人事異動の話に花が咲き、
酒がまわるとともに悲喜こもごものようすがあちこちで繰り広げられていた。
 しばらくすると、住職(当時)である親父が庫裡からやってきて、
「ワシも中に入れてくれんか」
と、にぎやかな話にひかれてか、仲間入りしたのである

老僧の死

「ええ花見やなあ」
と、久しぶりに役場の話をできたことがよほどうれしかったのか、
そこそこの時間になり、少し小雨も降ってきたにもかかわらず、花見をお開きにすることを嫌い、
「庫裡に入って飲もう」
と、みんなを庫裡の座敷に招き入れ、第二部の花見の席が設けられたのである。
 夜も十一時を過ぎた頃、親父は何を思ったのか、押入の中からたくさんの帽子を出してきて、
「この帽子の中から、好きなものを持って帰れ」
とひろげだしたのだ。
 そういえば親父は若いときから、それなりのおしゃれだった。
 なかでも、常に帽子は手離すことはなかった。
帽子といっても、いろいろな形のものがあり、
モスクワや中国などいろいろな国のものがあった。
友人たちはそれぞれ好みのものを一つずつ手にし、
やっと一部二部の夜桜宴会はお開きとなった。

 みんなが帰ったあと、親父に「きょうは酒を飲んでるから、風呂に入ったらあかんぞ」
と言い、母親にも風呂に入れないように言い置いて、
歩いて五分ほどの、お寺とは別の自宅へ帰っていった。
 翌日、四月七日、この日は妻とともに以前から予定していた、
奈良法隆寺の壁画展に行くため、朝から出かけた。
昼過ぎには帰ってくるのでそれからお寺へ行こうと思っていたのだ。
 昼過ぎ、家に着くと、「帰ったらすぐお寺に来るように」との走り書きが玄関におかれていた。
 そのメモを読んで「何かがあった」と言う予感はしたものの、
まさか親父の顔に白い布がかけられているとは思いもしなかった。
 
それが追善夜桜の由縁である。


夜桜写真集

 

                      三味線演奏もあります。


(C)瑞宝山不動寺. All Rights Reserved.