奈良空海寺 初弘法報恩謝徳

令和4年1月21日 奈良空海寺 初弘法報恩謝徳


空海寺ー

大同元年 (806年)唐から帰国した空海が庵を組み、
阿那地蔵尊(秘仏)を堂内の石窟に納め本尊としたとされています。

そんな経緯からかつては地蔵堂とよばれていました。

正倉院の北、雑司町の山手に静な佇まいのこぢんまりとしたお寺でした。

裏山の墓地入口には歴史ある十三重石塔がそびえていました。

お参りされる方もなく、
静に本堂前にて諸人安寧を祈願し読経させていただきました。

また奥様から直接ご朱印を賜ることができました。


南無大師遍照金剛
南無阿那地蔵尊

合掌

 

空海寺 阿那地蔵尊の標石
空海寺参道
空海寺山門
空海寺 案内由緒板
空海寺本堂
本堂前の大石像地蔵尊
空海寺本堂
裏山霊園入り口の十三重石塔
空海寺ご朱印
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*