国宝巡礼河内の真言宗2ヶ寺(その一 野中寺)

野中寺

羽曳野市の野中寺は今から1400年前に聖徳太子が建立したお寺です。
今日は1月18日ということで約1300年前の国宝金銅弥勒菩薩像を近くで直接拝観することができました。
高さは20センチぐらいの半跏思惟像の小さな弥勒菩薩ですが、割合として若干大きめの頭部と、前に向けた右手のひらと指の形にはある種新鮮さを覚えました。
毎月18日には拝観することができ、説明も聞くことができます。
また国宝の地蔵菩薩立像も拝むことができました。

またここには人形浄瑠璃や歌『野崎まいり』などでよく知られる、道ならぬ恋のゆえ心中した主人公「お染・久松」のお墓がありました。

合掌

(今までのブログ田舎坊主のぶつぶつブログこちらへ)

野中寺正門

野中寺の方丈に安置されている金銅弥勒菩薩像

野中寺境内正面

ヒチンジョ池西古墳石棺

野中寺 大師堂

野中寺 本堂

野中寺 地蔵堂

お染・久松の墓所

境内の紅梅

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です