粉河の十禅律院と、とんまか雛通りへ

車で5分ほどの近くにあるのに行ったことなかった十禅律院へお詣り。
千年ほど前、日吉山十禅師の勅により建立された庵。
寺守の女性が「よくお詣りくださいました。粉河寺にお詣りされても、ここに来られる方はあまりいません」と話してくれました。
和歌山徳川藩主が好んだ葛城山を背にした借景庭がひっそりと佇んでいました。

ちなみに粉河寺門前通りでは、お店や民家がそれぞれお雛飾りを陳列する「とんまか雛通り」が開催されていて、とりわけ文化財指定を受ける山崎邸では近代和風建築と共に各部屋の見事な雛飾りを見ることができました。

合掌

粉河寺本堂(国宝)境内の河津桜
十禅律院山門
十禅律院本堂
本堂内のご本尊阿弥陀如来
庫裡では高校野球選手の必勝祈願お写経の準備
本堂横の借景庭
十禅律院の雛飾り
山崎邸大広間の床雛飾り
日本でも有数の大型古雛
山崎邸2階の雛飾り
2壇多雛飾り
丸窓壁から見る雛飾り

山崎邸2階の雛飾り

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です