国宝巡拝ー浄瑠璃寺・岩船寺

浄瑠璃寺は九体阿弥陀仏(国宝)がとりわけ有名で、
丈六の中心仏をはじめ横に九体の阿弥陀如来像が安置されているため、
本堂も横に長い本堂です。
東には浄土池があり、
向かい正面に秘仏薬師如来を安置する国宝三重塔が、
阿弥陀如来と向き合っています。

浄瑠璃寺参道
浄瑠璃寺前の茶店、あしびの店
浄瑠璃寺前の茶店でとろろそばを頂き、腹ごしらえ―
浄瑠璃寺山門
浄瑠璃寺の国宝三重塔
浄土池と三重塔
九体阿弥陀堂
ご本尊
国宝丈六阿弥陀如来
国宝 九体の阿弥陀如来像は圧巻でした。
阿弥陀堂

岩船(がんせん)寺は関西花の寺霊場で、
本尊の阿弥陀如来も丈六で約3mの重厚荘厳な座像でした。
御体は金箔が施され、衣は朱彩色が残る国の重要文化財です。
本堂ではご住職が私一人だけに丁寧に説明していただきました。
岩船寺の三重塔も重文で、花の寺だけあって紫陽花に映えていました。

岩船寺山門
岩船寺本堂
岩船寺の重文阿弥陀如来座像
本堂内(写真集より)
岩船寺の重文三重塔
本堂ではご住職が私一人だけに丁寧に説明していただきました。
重文五輪塔

岩船寺から30分ほど山を下って、
「ねむり仏」と「わらい仏」「不動石仏」の磨崖仏に会いにいきました。
ねむり仏は首の部分だけが地上に出ているお地蔵さまのようでした。
わらい仏は名の通り、笑ってくれてるように見えました。
お不動さまも大きな花崗岩に彫られていました。
大変な山道でしたが、心癒やされました。

当尾の石仏巡り案内板
わらい仏
わらい仏
わらい仏
ねむり仏
ねむり仏
岩船寺からねむり仏へ下りていく道。。
不動明王
不動明王
谷向かいにある磨崖仏
道なき道を通ってー
磨崖仏近影、ありがたいー

ありがたい巡礼でした。
合掌

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です