7月2日半夏生 雨


梅雨本番

急激な豪雨で土砂災害情報や避難情報が各地に出ています。
十分な警戒が必要です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7月2日半夏生 雨・・・・・

農家の人は恵みの雨といい、喜びます。
蛙も大喜び。
あじさいは雨が降ればいきいきとします。

でもー
道路工事の作業員も道路警備員もじゃまな雨だといいます。
洗濯物を干していたお母さんは急な雨に怒ってます。
もちろん大雨は災害につながるので人々は恐れます。

雨はー
ときに有り難く、喜ばれたりします。
ときに嫌われ邪魔ものにされます。

人はその時々の状況や心のありようで、雨を歓迎すべきものにもすれば悪者にもします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一方、雨のはどうでしょう。

喜ばせようとも悲しませようとも、
いじめようとも苦しめようとも雨は考えていません。

雨はまさに自然現象であり無心です。

無心なるものに勝つすべがありません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人も無心になれば強くなれるのかもしれません。


南無地蔵菩薩
南無大師遍照金剛

半夏生
合掌


自然の画像のようです
 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*