鳳来寺山薬師堂参拝

1425段の石段を登ったところにある鳳来寺に参拝ー

新城市の鳳来寺山にある鳳来寺は1300年前、
利修仙人によって開かれたお寺です。

鳳来寺山ガイドマップにはー

文武天皇が病気になったとき鳳凰に乗って都に行き、
七日間のお加持ご祈祷により病気を平癒したといわれています。
このときのお礼として「鳳来寺」の名を賜り、伽藍が建立されました。

ちなみに石段の参道脇には多くの寺院跡の名跡が標されています。
本堂までは約50分を要する参拝でした。

本堂前に於いてー
「難病患者に寄り添い下さい」との祈願を込めて読経させていただきました。

有り難き巡拝でした。

南無薬師瑠璃光如来
合掌

 

1425段の石段登り口
仁王門への石段
仁王門をくぐって石段は続きます
開山利修仙人の石像
日本で2番の樹高の「笠杉」
まだ半分も上ってません
鳳来寺本堂
本堂正面
本堂内
薬師如来お前立ち
本堂前からの景色
階段に咲く小さな花
道迪の花
鳳来寺ご朱印
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*