お盆の行事が終わりました

お盆行事を無事勤修致しました。 5日間のお盆棚経参りと、送り火としての経木塔婆のお焚き上げ供養を行い、お盆のすべての行事を終了することができました。(今回はじめて若い墓地委員さんが写真を撮ってくれました)     当地で Continue Reading →

脊柱靱帯骨化症友の会(OSL)の交流会開催

紀の国・和歌山脊柱靱帯骨化症友の会(OSL)の交流会が開催されました。   会長の久保岡敏子さんはー   コロナ禍で3年ぶりの開催ですが 本日は日本に伝わる笙という楽器の演奏を塚田由里子さんにお願いしました。 東大寺二月 Continue Reading →

パーキンソン病友の会県支部役員会開催

田辺市の笑家でー   パーキンソン病友の和歌山会県支部の役員会開催 役員さんのなかには病状も進んだ方もいらっしゃいます。   すくみ足で一歩踏み出しにくい方ー OFF状態で動けない方ー 座っていても一方に傾いてしまう方ー Continue Reading →

4月の護摩焚き法要

とても暖かい陽ざしのさす護摩焚き法要となりました。 地域の皆さまの安寧と疫病退散を祈願するとともに、ウクライナに一日も早く平和が戻りますように祈りました。 3月28日の護摩焚きには境内の桜は満開のもと皆さん記念写真を撮り Continue Reading →

紀の国わかやま文化祭 華岡青洲の妻

紀の国わかやま文化祭2021で 劇団青洲がオープニングの一つとして「華岡青洲の妻」を公演しました。   結成25年の記念も兼ねての公演でした。   みんながんばってよく出来ていました。     舞台の写真はー ・青洲の母 Continue Reading →

明日は彼岸の中日

昨夜、満月と中秋の名月が同じ日に重なるのは何年かぶりだそうです。   私は満月を見ると手をあわせてしまいます。 そんな方は多いのではないでしょうか。   私ごとですがー 6年前、化膿性脊椎炎で腰の骨が溶け約6ヶ月寝たきり Continue Reading →

令和3年秋彼岸

--お彼岸--   寒い冬には。。。 「早く暖かい春が来ないかなあ」と思い、水仙、梅の花、桃の花が咲き、春本番に桜の花を楽しんだのもつかの間、あっという間に夏のような気温が続き、本格的な猛暑がやってきて、暖かさを待ち望ん Continue Reading →

もうすぐお彼岸ですね

かつて橋もなかったころのインドー 大河ガンジス川のガート(沐浴場)で沐浴する人たちが対岸を眺めながら、 『こちらの岸(此の岸)には苦しみや悩みなど、つらいことばかりあるけれど、きっとあちらの岸(彼の岸)には幸せがあるに違 Continue Reading →

無事お盆行事が満行しました

お盆の精霊送り火お焚き上げ供養も成満し、 無事お盆行事が満行しました。   個人的にはー 今年のお盆はお世話になった方や大切な方が亡くなり、 いままで経験したことのない連日の雨中の棚行参りも重なり、 少なからず心憂鬱な一 Continue Reading →

7月2日半夏生 雨

梅雨本番 急激な豪雨で土砂災害情報や避難情報が各地に出ています。 十分な警戒が必要です。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 7月2日半夏生 雨・・・・・ 農家の人は恵みの雨といい、喜びます。 蛙も Continue Reading →

地元の小学生お寺訪問

地元麻生津小学校の低学年児童さんたちが「わが町たんけん」で、不動寺を訪問しました。 毎年恒例のお寺訪問です。 子どもたちの質問に副住職和道さんが答えていました。 ・お坊さんのお仕事はどんなことをするのですか? ・お寺は何 Continue Reading →

若き仲間の旅立ち

和歌山県難病連を立ち上げて11年後2000年ー 仲間の努力で和歌山県初の難病・中途障害者の働く場所として小規模作業所が開所されました。 当時の立ち上げメンバーだった女性が行年47歳で早逝。 長く作業所に関わり責任感強く頑 Continue Reading →

10年前、人生最大の布施

あのときは還暦60歳ー 10年前の今日、人生最大の布施。 嫁に行ったにもかかわらず尼僧になり寺を継いでくれるという娘夫婦が、近くに家を建てて住んでくれるというので新築資金の一部として贈与を予定していた資金を、発災4日目、 Continue Reading →

土寺小屋生の仏画公民館で展示

コロナでしばらくお休みしてる土寺小屋の小屋生さんたちの仏画作品がーーー 副住職の和道さんが主事をしている地元麻生津公民館文化祭で展示されています。 この文化祭も展示のみに縮小されましたが、展示期間は分散参加を促し一週間延 Continue Reading →