高岡山瑞龍寺 国宝巡拝

加賀二代目藩主前田利長公の菩提を弔うために建てられたお寺です。

山門、法堂、仏堂などが国宝で、総門、禅堂、庫裡などが国の重文に指定されています。

総門から法堂まで一直線に配列され、左右に禅堂と大庫裡が置かれた壮大な伽藍構成です。

中庭(境内)の広大な芝生の緑と山門前の白砂のシンプルで落ち着いた景色にしばし癒やされました。

法堂の手前にある仏堂にて「難病患者に寄り添い下さい」との願いを込めて読経させていただきました。


ご朱印は色鮮やかでありがたく賜りました。

令和3年10月13日
南無釈迦如来
合掌

 

高岡山瑞龍寺

瑞龍寺総門(重文)
瑞龍寺山門(国宝)
山門(国宝)
仏殿(国宝)
仏殿
法堂
禅堂
瑞龍寺ご朱印

高岡大仏

富山に足を運んだこともあり、
瑞龍寺近くの高岡大仏にもお参りさせていただき、
大仏下の回廊で同じく読経させていただきました。

有りがたき巡拝に感謝します。
合掌

高岡大仏参道
大仏下の回廊
大仏事のご朱印

五箇山合掌造りの里

帰り途中で五箇山合掌造りの里を散策することができました。
ここでも秋を待つ穏やかな風景に癒やされてきました。

令和3年10月14日
不動坊
良恒 拝

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*